ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > GPDA会長のブルツ、2021年導入の18インチタイヤは「ドライバーへの利益がない」と批判

GPDA会長のブルツ、2021年導入の18インチタイヤは「ドライバーへの利益がない」と批判

1

2019年10月23日 14:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第15戦シンガポールGP パドックに用意されたメルセデスのタイヤ
2019年F1第15戦シンガポールGP パドックに用意されたメルセデスのタイヤ
 GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の会長を務めるアレクサンダー・ブルツは、F1が2021年から18インチのホイールを導入することについて、これはマーケティング上の理由だけで判断されたもので「ドライバーには何の利益ももたらさない」と酷評した。

 F1は、10月末に2021年に導入される新しいレギュレーションの内容を公表する予定だ。そのなかで、すべての関係団体が既に合意している新ルールのひとつが、ホイール径を13インチから18インチへ変更することで、この件はF1公式タイヤサプライヤーのピレリが働きかけてきた。

 新スペックのホイールとタイヤは、ルノーF1チームの協力により9月にポール・リカール・サーキットで初めてテストされた。リザーブドライバーのセルゲイ・シロトキンが、F1の次世代タイヤを履かせたミュールカーに乗り、マイレージを稼いだ。

 元F1ドライバーであるブルツは、変更の理由を理解したうえで、これは単なる商業的な判断であり、ハンドルを握るドライバーたちの仕事には何の実質的な価値ももたらさないばかりか、既に十分重いF1マシンの重量をさらに増すことにしかならないと考えている。

「不均衡につながる商業判断だと言える」と、ブルツはドイツの『Motorsport-Magazin』で主張した。

「導入される18インチのホイールがそれだ。商業的な利益と引き換えに、マシンの重量が25kgから27kgほど増えてしまうのだから、ドライバーたちは不満を持っている。彼らに何の利益ももたらさない」

「空力面では多少シンプルになるだろうが、大した話ではない。マシンが相当重くなってしまう。恩恵があるとすればマーケティング面だけだろう」

 実際のところ、18インチのタイヤは自動車業界のトレンドを踏まえており、マシンの見栄えは良くなる。だがブルツは、レースの興奮を増すことなく単にタイヤの見た目を変えただけでは、F1のセールスポイントにはならないと述べている。

「ヘイロー導入当時、これでF1人気は下がってしまうだろうと考えた多くのジャーナリストやファンから、私は“ミスター・ハロ”と呼ばれた」とブルツは語った。

「しかし、ハロで何人かのドライバーの命が救われ、F1人気が下がることもなかった。我々はハロに慣れていった」

「私はマシンのデザインを非常に重視している」とブルツは付け加えた。

「たとえ19インチであれ13インチであれ、スタイリッシュに設計されたマシンがスリリングなレースを展開するならば、タイヤが主なセールスポイントではないということだ」

このニュースに関するつぶやき

  • へぇ…ブルツってそんなに偉くなったんだな…ドライバーとしては…時々有能くらいの感じでしたが。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定