ホーム > mixiニュース > トレンド > もふもふおむすび!昆布LOVEな富山のグルメ

もふもふおむすび!昆布LOVEな富山のグルメ

1

2019年10月23日 17:02  オズモール

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

オズモール

写真写真
◆【富山県民が愛するご飯のお供】一度食べたらトリコになる、黒とろろや白えびのりなど3選

標高3000m級の山々が連なる立山連峰から「天然のいけす」と呼ばれる水深1000mに及ぶ富山湾まで、奇跡のような自然に抱かれた富山県。白エビを使った白エビのりや、江戸時代から継承される昆布じめなど名産品も多彩に揃う。ここでは、アンテナショップ「日本橋とやま館」のサブマネージャー・出口ひとみさんが教えてくれた、ご飯のお供にぴったりな3選をご紹介。



植物繊維がたっぷり「おむすび黒とろろ」
昆布が獲れないのに消費額は全国トップクラスの富山県。北海道から日本海沿岸をめぐる「北前船」の寄港地のひとつが富山だったことから、昆布の食文化が江戸時代から根付いたそう。おむすびは、とろろ昆布やおぼろ昆布を巻いたものも主流。甘みのある白とろろとほどよい酸味を感じる黒とろろがあり、県内ではコンビニのおにぎりでも一般的とか。「道正昆布」のふりかけ「おむすび黒とろろ」は、北海道産昆布のみを厳選し、味に深みを出すため三温糖と醸造酢などを使用。昆布のうまみと酸味のバランスが絶妙で、一度食べたらやみつきに。炊き立てのごはんのせたり、おむすびにまぶして楽しむお手頃さが嬉しい。植物繊維、カルシウム、ビタミンB1とB2が豊富なヘルシーさも◎。
ご飯のお供DATA
商品名:おむすび黒とろろ
価格:324円
内容量:45g




濃厚さがクセになる「白えびのり」
ブリやホタルイカ、ベニズワイガニと並ぶ、富山県の四大海産物のひとつで“富山湾の宝石”と呼ばれるシロエビ。シロエビ漁ができるのは富山湾だけと言われ、地元ではお味噌汁や素麺の出汁、かき揚げなど、さまざま料理に登場するそう。並んで人気なのが、シロエビの風味と青さ海苔の磯の香りが食欲をそそる、「トナミ醤油」の「白えびのり」。富山県産白エビに、富山県産丸大豆昆布醤油、国産青さのり、北海道産てんさい糖を加えた逸品。濃厚なおかず海苔は、温かいお茶漬けでサラサラといただいたり、醤油の代わりに白身の焼き魚に塗って味わうのがおすすめ。おかず海苔でありながら、シロエビの甘味が満喫できる。
ご飯のお供DATA
商品名:白えびのり
価格:702円
内容量:140g




昆布じめ刺身が絶品!「こぶじめ・ひとりじめ」
刺身を昆布に挟んで半日から1日ほど味をなじませてからいただく富山の郷土料理、昆布じめ。昆布で挟むことで、魚の余分な水分を吸収し、反対に昆布の上質なうま味が刺身に染み込んで生臭さもカット。熟成させることでうま味がアップするだけでなく、江戸時代から保存食としても親しまれてきたそう。「かねみつ」の「こぶじめ・ひとりじめ(赤帯)」は、黒かじき、甘えび、サーモン、やりいかと4種類の魚を昆布で〆た食べきりサイズ。「おみやげグランプリ2017」最高賞を受賞するなどお土産にも喜ばれる1品。昆布のうま味が染み込んだ魚は、ご飯のおかずはもちろん、ワインや日本酒のアテにも最適。
ご飯のお供DATA
商品名:こぶじめ・ひとりじめ(赤帯)
価格:735円
内容量:60g


    あなたにおすすめ

    ニュース設定