ホーム > mixiニュース > 社会 > 低気圧と台風のWパンチ 関東甲信地方24日夜から再び雨 25日は警報級のおそれ

低気圧と台風のWパンチ 関東甲信地方24日夜から再び雨 25日は警報級のおそれ

4

2019年10月23日 17:41  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真西日本から東日本の太平洋側を東へ進む低気圧の影響で、関東甲信地方では再び大雨(気象庁の天気図)
西日本から東日本の太平洋側を東へ進む低気圧の影響で、関東甲信地方では再び大雨(気象庁の天気図)

 非常に強い台風21号は、24日明け方から昼前にかけて小笠原諸島にかなり接近するため、記録的な暴風が吹き、猛烈なしけとなるおそれがある。
 また、台風の直撃を免れた関東甲信地方でも、太平洋側を東へ進む低気圧の影響で、24日夜から雨が降り始め、場合によっては、25日は警報級の大雨が降るおそれがあるとして、気象庁が注意を呼びかけている。

小笠原諸島では最大瞬間風速65m 23日午後3時現在、台風21号の中心気圧は940ヘクトパスカルと非常に強い勢力を保ったまま、小笠原諸島近海を時速25キロで北上している。  台風の中心から半径110キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いていることから、小笠原諸島ではあすにかけて最大風速45メートル、最大瞬間風速は65メートルに達し、海は猛烈なしけになるおそれがあるほか、あす夜までの24時間で150ミリの非常に激しい雨が降ると予想されている。

 小笠原諸島に接近後、台風は北上を続けて、26日には温帯低気圧になると予想されるが、直撃を免れた関東甲信地方でも、低気圧の影響で、あす夜から雨が降り始め、25日を中心に警報級の大雨になる可能性があるという。  このため気象庁は、「台風19号で河川の堤防が決壊した地域では、再び二次災害や洪水の危険度が高くなる」として、引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけている。

このニュースに関するつぶやき

  • 皆さんご用心!天気予報・台風情報に注意致しましょう!日本中の河川で「川道に土砂が堆積ー中州に表れ」しています。台風19号水災は「安倍悪政七年水害」→「堤防の効果−半減」
    • イイネ!10
    • コメント 0件
  • 皆さんご用心!天気予報・台風情報に注意致しましょう!日本中の河川で「川道に土砂が堆積ー中州に表れ」しています。台風19号水災は「安倍悪政七年水害」→「堤防の効果−半減」
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定