ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ホンダ4台が予選トップ10入り「優れたパッケージを作れた。ポールは失ったが最善の結果を目指す」と田辺TD:F1メキシコGP

ホンダ4台が予選トップ10入り「優れたパッケージを作れた。ポールは失ったが最善の結果を目指す」と田辺TD:F1メキシコGP

0

2019年10月27日 10:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第18戦メキシコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第18戦メキシコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2019年F1メキシコGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはトップタイムをマークした。しかしQ3でのイエローフラッグ無視により3グリッド降格ペナルティを受けたため、決勝は4番グリッドからスタートすることになった。

 アレクサンダー・アルボンは5番手、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは9番手、ピエール・ガスリーは10番手を獲得。ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載する4台すべてがQ3に進み、予選トップ10に入った。

 決勝をフェルスタッペンとアルボンはミディアムタイヤで、クビアトとガスリーはソフトタイヤでスタートする。

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日の予選では、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのフェルスタッペン選手がトップタイムを記録し、モナコGP以来の4台トップ10入りを果たすことができました。アルボン選手が自己最高となる5番グリッドを獲得、レッドブル・トロロッソ・ホンダのガスリー選手は体調が優れず非常に厳しいコンディションの中でしたが、チームメイトのクビアト選手とともにすばらしいパフォーマンスをみせてくれました。

 高地という特殊な環境下で、マシンそしてパワーユニットをポテンシャルの高いパッケ ージとして仕上げることができたと思います。ただ、言うまでもなく大切なのは明日の決勝です。このサーキットは特にタイヤマネジメントが難しいため、簡単なレースにならないと思っています。

 フェルスタッペン選手のイエローフラッグ無視によるグリッド降格については残念に思っています。明日はポールポジションではなく4番手からのスタートになりますが、それによって我々のアプローチが大きく変わることはありません。両チームと協力して、最善の結果を得られるように万全の準備を整えて臨みます。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定