ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ベビーベッドを安い価格で準備するコツを伝授!おすすめも

ベビーベッドを安い価格で準備するコツを伝授!おすすめも

0

2019年10月28日 12:30  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

ベビーベッドは赤ちゃんの安全を確保する大切な場所です。ママが家事をする間など赤ちゃんから目を離さざるをえないときもありますが、ベビーベッドがあれば赤ちゃんを危険から守ることができます。例えば、ベビーベッドは高さがあるので、ペットから赤ちゃんを守ったり、上の子がお世話がしたくて寝ている赤ちゃんを触りびっくりさせてしまうなんてことから回避することができます。衛生面では小さなほこりやチリから赤ちゃんを守ってくれます。また、楽な姿勢でおむつ替えができるというメリットやパパやママがベッドで寝ている場合も、同じ目線で赤ちゃんの様子が見られるので安心できます。でも、ベビーベッドは意外と値段がします。そこで、できるだけ安くベビーベッドを利用する方法をご紹介したいと思います。

【詳細】他の写真はこちら



■安いベビーベットの安全性は?

出典:Pixabay

ベビーベッドの中には高価なベッドもたくさん売られていますが、1〜2万円台で売られている安いベビーベッドもあります。安全性は大丈夫なのでしょうか?




・公式のマークがついているものなら大丈夫

出典:ベビーベッドのサイズとお部屋に合った選び方とは?実はお得なレンタルも @ d_jr2019さん

ベビーベッドには、安全基準に合格した製品にマークをつけることが決められています。日本国内で生産されたものには、「PSCマーク」と「SGマーク」がついているか確認しましょう。PSCマークは、消費生活用製品法安全基準に合格したもの、SGマークは一般財団法人製品安全協会基準に合格したものです。両方のマークのついたベビーベッドを選べば、安い店での購入も安心ですね。海外製品の場合でも、その国の安全基準に合格しているかを確認をしてから購入しましょう。




・中古通販や手作り販売には要注意

出典:photoAC

中古販売や手作りのベビーベッドも魅力的ですが購入前に確認しておくことがあります。ベビーベッドは、購入後に組み立てることが多いので、取扱説明書は必要です。メーカー品であれば取扱説明書をダウンロードできる場合もありますので、購入前に取扱説明書の有無について確認をしておきましょう。衛生面についても確認が必要です。特に中古品の場合は、誰が使ったものかが分かりません。抵抗力の弱い新生児が使用するものなので、クリーニングがされているかどうか確認しておくことをおすすめします。

■安いベビーベットでおすすめはどれ?
比較的安い1〜2万円で購入できるベビーベッドをいくつかピックアップしてみました!通販で購入可能なものもありますよ。

・1万円でおつりがくるイケア

出典:ベビーベッドのサイズとお部屋に合った選び方とは?実はお得なレンタルも @0203emさん

『IKEA(イケア)』の「SNIGLAR(スニーグラル)」は1万円でおつりがくるリーズナブルなベビーベッドです。サイズは一般的なベビーベッドのサイズ60cm×120cmで高さは2段階に調節可能です。




・カトージのミニベッドはやさしい色合い

出典:ベビーベッドの人気の種類をピックアップ☆選ぶときのポイントも @ oh_shirichanさん

『KATOJI(カトージ)』の「ミニベビーベッド[ハイタイプ]プチバニラ」は、60cm×90cmのミニサイズ。ベビーベッドは、畳の半畳ほどの大きさで、どのようなお部屋にもマッチするやさしい色合いが人気です。ベッドの床板は3段階に調節が可能なところも魅力ですね。




・やまとやのたためるベビーベッド

出典:ベビーベッドの人気の種類をピックアップ☆選ぶときのポイントも @a.s_190511さん

『yamatoya(大和屋)』の「パタン 折りたたみミニベビーベッド」は、使用していないときには折りたたんでコンパクトになるのが特徴。60cm×90cmのミニサイズで、床板は3段階に調節できます。ナチュラルとライトブラウンの2色あります。




・西松屋で買えるベビーベッド2選

出典:@ yagigigi1234さん

『西松屋』で、1万円台で購入できるベビーベッドが販売されています。「ミニベビーベッド ネルネル」と「ミニ立ちベッド ウインウイン」は西松屋ネットで通販購入可能です。<ミニベビーベッド ネルネル>「ミニベビーベッド ネルネル」のサイズは60cm×90cmのミニサイズで、底板の高さ調節も3段階でできます。西松屋の中では一番お安いのがネルネルです。 <ミニ立ちベッド ウインウイン>「ミニ立ちベッド ウインウイン」のサイズは60cm×90cmとミニサイズで、底板の高さも3段階調節可能です。ウインウインはハイタイプ仕様になっているのが特徴で、おむつ替えが立ったままできます。

■安く済ませたいなら購入よりレンタル推奨
安いベビーベッドをご紹介しましたが、もっと安く済ませたいと思われる方にはベビーベッドのレンタルをおすすめします。

・ベビーベッドのレンタルをおすすめする理由は?

出典:photoAC

ベビーベッドはほとんどの製品で対象年齢は最長24カ月と設定されていますが、実際はそれよりも短いようです。赤ちゃんが寝がえりをするくらいまでか、つかまり立ちをするくらいまでが一般的といわれています。寝返りをするようになるとベッドの柵にぶつかったり、つかまり立ちをしてベッドから転落の危険も!また、ベビーベッドを使わなくなったときには収納場所にも困ってしまいますが、レンタルであれば引き取ってもらえるので収納場所を気にしなくていいというのもおすすめする理由です。




・おすすめのレンタルショップのご紹介

出典:photoAC

それではおすすめのベビーベッドのレンタルショップをいくつかご紹介しますね。<かしてネット>『DUSKIN(ダスキン)』が運営する「かしてネット」は、ベビー用品が豊富に取りそろえられています。全国にある店舗で、在庫があれば実際の製品を見て選ぶことができ、1年前から予約することが可能!店舗での受け取りにすると、かかる金額はレンタル料だけなのでお財布にもやさしいですね。店舗が遠くても、WEBで予約できるので大丈夫。6カ月以上レンタルをすると、最大で40%OFFになるのも魅力ですね。安全面・衛生面共にメンテナンスがしっかりとしているので安心して利用できます。<ナイスベビー>『NiceBaby(ナイスベビー)』は、離島を除く全国配送が可能です。レンタルには、無料で「安心サポート」がついているので、万が一使用中に汚れたり傷がついても弁償を心配しなくて良いところが魅力ですね。メンテナンスも、1点ずつ丁寧に洗浄・殺菌されているので安心です。また、ナイスベビーでは、人気ブランドの取り扱いがあるので注目ですよ。<べびーあいらんど>『べびーあいらんど』では、一部地域を除いて、レンタル料金の中に送料と回収料が含まれているので、分かりやすい価格表記になっています。べびーあいらんどのベビーベッドは国産の『YAMASAKI(ヤマサキ)』製なのも魅力。メンテナンスも丁寧に行われているので安心できます。また、べびーあいらんどでは在庫次第で新品のレンタルも可能なところがうれしいポイントです。

■安いベビーベッドでママも赤ちゃんもニコニコ

出典:photoAC

1〜2万円台の安い価格帯で用意できるベビーベッドについてご紹介しました。安全基準に合格した公式マークを確認しておけば安心できます。出産準備費用は意外にかかるので、お安く済ませたいところ。購入でもレンタルでもあなたに合った方を選んでくださいね!

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定