ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 残高の確認や受け取りに対応 「楽天Edy」を読み取るiPhoneアプリ登場

残高の確認や受け取りに対応 「楽天Edy」を読み取るiPhoneアプリ登場

1

2019年10月28日 17:33  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真カードタイプの楽天EdyにiPhoneをかざして使う
カードタイプの楽天EdyにiPhoneをかざして使う

 楽天Edyは10月28日、電子マネー「楽天Edy」の残高を確認できるiPhone用アプリ「Edyカード用楽天Edyアプリ」をリリースした。iOS 13.1以降をインストール済みのNFC通信機能を備えるiPhoneで利用できる。ダウンロードは無料だ。



【その他の画像】



●アプリの概要



 このアプリを使うと、おサイフケータイに発行されたものを除く全ての楽天Edyで以下のことができる。



・残高の確認



・利用履歴の確認



・「Edyギフト」の受け取り



 iPhoneでアプリを起動し、指示に従って楽天Edyにかざすと、残高と直近の利用履歴が表示される。当該EdyカードにEdyギフトがある場合はその旨も表示されるので、指示に従って操作をするとカードの残高としてチャージできる。



 Edyギフトは「楽天スーパーポイント」などからのポイントチャージの他、10月1日から開始した「キャッシュレス・消費者還元事業」に伴うキャッシュバックにも利用されている。今回のアプリの登場によって、iPhoneだけでEdyギフトを受け取れるようになる。



対応するiPhone



 このアプリで楽天Edyを読み取れるiPhoneは以下の通り。バージョン13.1より前のiOSを使っている場合は、同バージョン以降にアップデートする必要がある。



・iPhone 7



・iPhone 7 Plus



・iPhone 8



・iPhone 8 Plus



・iPhone X



・iPhone XS



・iPhone XS Max



・iPhone XR



・iPhone 11



・iPhone 11 Pro



・iPhone 11 Pro Max



●Androidスマホは「楽天Edyアプリ」で



 今回のアプリは、カードタイプの楽天Edyに対応している。Androidスマートフォンなどの「おサイフケータイ」に発行された楽天Edyにかざすとエラーが出て利用できない。



 おサイフケータイで楽天Edyの残高を確認したりEdyギフトを受け取ったりする場合は、「楽天Edyアプリ」を使おう。おサイフケータイだけではなく、カードタイプの楽天Edyにも対応している。対象のクレジットカードまたはデビットカードを登録すれば、チャージも利用できる。



 また、おサイフケータイのAndroidスマホでは「Google Pay」を使って楽天Edyを発行することも可能で、対象のクレジットカードまたはデビットカードでもチャージできる。ただし、Edyギフトを受け取るには楽天Edyアプリを別途インストールする必要がある。


あなたにおすすめ

ニュース設定