ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > オードリー若林、東京・品川「多賀野」のラーメンに舌鼓「どんな経験したらこんなメンマが作れるんだろう」

オードリー若林、東京・品川「多賀野」のラーメンに舌鼓「どんな経験したらこんなメンマが作れるんだろう」

0

2019年10月29日 16:12  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

10月29日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00〜)は、東京・品川のラーメン店「多賀野」の店主・高野多賀子(64歳)に密着。ごく普通の主婦から一念発起、4年連続ミシュランに掲載される程、食通達をうならせる店を作り上げた秘密に迫る。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)。ナレーションは、小野賢章。

今回の舞台は、東京・品川の下町エリア・荏原中延駅前にあるラーメン店「多賀野」。店内はカウンター12席、営業は昼間の3時間のみ。この小さなラーメン店の看板メニューであるシンプルな醤油ラーメンや、太麺が特徴のつけ麺を求め、連日多くのラーメンファンが訪れる。さらにその味は、世界的な権威を持つガイドブック・ミシュランに4年連続掲載される程、食通達をうならせ、店主・高野はこの店の味を23年守り続けている。

新潟県出身で、同郷の男性と結婚し、品川区内で専業主婦をしていた高野。子育てに追われる日々を過ごす中、彼女がハマっていったのが「ラーメン作り」だった。朝・昼・晩、毎食ラーメンを作っては食べる程のめり込んでいった彼女は、ある決断をする。「子供の手がかからなくなった頃、『アルバイトでもしたいな』と夫に相談したら、『じゃあラーメン屋をしようか』と」(高野)。オープン当初はなかなか客足が伸びなかったものの、客の意見を取り入れ、地道な試行錯誤を重ねた結果、2年もすると行列の出来る人気店となっていた。

オープンから23年。スープに麺、食材にこだわり、多くの人に支持される店を作り上げた。そんな高野も現在64歳。「一応、東京オリンピックまでと言っておりますが……」と話す彼女が、新たに起こしたブームとは? そんな高野の7つのルールに迫る。

スタジオには、試食用として「多賀野」のラーメンが出される。「美味すぎる」(青木)、「どんな経験したらこんなメンマが作れるんだろう」(若林)と、それぞれが高野の作るラーメンに舌鼓を打つ。また若林が、彼に憧れ、話し方や服装を真似する中学生に遭遇したことがあるという話に。そしてそれを「何とか辞めさせたい」という母親も現れたと言い……。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定