ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > ヴァン・ヘイレン、全13枚の“日本盤”シングルを復刻した7インチシングルボックスセットのリリースが決定

ヴァン・ヘイレン、全13枚の“日本盤”シングルを復刻した7インチシングルボックスセットのリリースが決定

2

2019年10月30日 14:50  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■『炎の導火線』から『1984』までの、デイヴィッド・リー・ロス在籍期のヴァン・ヘイレンがリリースした初期6作品から、日本でシングルカットされたシングル盤を収録!

【画像】当時のバンドの雄姿がフィーチャーされたパッケージ写真

1978年のデビュー以降、その後のロックのあり方そのものを決定づけるほどの強烈な影響をロックシーンに与え、その名を音楽史に深く刻み込む最強のハードロックバンド、ヴァン・ヘイレン。
最高級エンターテイナー性に満ちたボーカルとパフォーマンスで魅せるデイヴィッド・リー・ロス、その後のギターの歴史を塗り替えるほどの衝撃を与えたエディ・ヴァン・ヘイレン、ハイトーンボーカルと着実なベースラインでグルーヴを生み出すマイケル・アンソニー、そして高速ドラムで疾走感を生み出すアレックス・ヴァン・ヘイレン。この類まれなるミュージシャンが集結する彼らは、現在までに全世界で7,500万枚以上のアルバム・セールスを記録、他のどのアーティストよりも数多くの全米メインストリームロックチャートNo. 1に楽曲を送り込み、2007年にはロックの殿堂入りも果たす、まさに「最強」の名にふさわしい存在だ。

今回、ヴァン・ヘイレンが1978年から1984年までの間に日本でリリースした13枚のシングル盤を復刻した豪華ボックスセット『日本盤シングルズ 1978-1984(原題: THE JAPANESE SINGLES 1978-1984)』がリリースされることが決定。海外では11月1日にリリースされるこの作品だが、日本盤は12月25日に登場する。

日本盤シングルのスリーブアートワークを再現し、13枚の7インチシングルをシガレットスタイルのボックスに封入したこのシングルボックスセットは、全世界の、特に当時実際にドーナツ盤シングルで彼らの曲を聴いていた日本のファンにとって、たまらないコレクターズアイテムとなることは間違いない。また、日本盤には特別に、日本独自フォトブック、そしてヴァン・ヘイレンのロゴ入りドーナツ盤シングルアダプターが特典として封入される予定だ。

ここに収録されているのは、1978年の『炎の導火線(原題:VAN HALEN)』から1984年の『1984』まで、ヴァン・ヘイレンがリリースした初期6枚のアルバムから日本でシングルカットされた全13枚のシングル盤。デビューアルバムと『1984』は、共に全米のみのセールスが1,000万枚を超え、ダイアモンドディスクに認定された数少ないアルバムの中の一枚となっており、世界的にも爆発的なセールスを記録したアルバムである。

1stアルバム『炎の導火線(原題: VAN HALEN)』からは、ザ・キンクスのカバー曲であり、全米34位を記録、彼らの存在を一躍世に知らしめた「ユー・リアリー・ガット・ミー(原題:You Really Got Me)」を筆頭に、「叶わぬ賭け(原題:Ain’t Talkin’ ‘Bout Love)」と「炎の叫び(原題:On Fire)」の3枚がシングルカットされており、彼らにとって初の全米Top 10アルバムとなった1979年発表の2nd『伝説の爆撃機(原題:VAN HALEN II)』(5x プラチナム・ディスクを獲得)からは「踊り明かそう(原題:Dance The Night Away)」と「必殺のハード・ラヴ(原題:Somebody Get Me A Doctor)」とがシングルカットされている。

マルチプラチナムアルバムに認定された1980年の『暗黒の掟(原題:WOMEN AND CHILDREN FIRST)』からは「ロックン・ロール・ベイビー(原題:And The Cradle Will Rock)」が、そして同じくマルチ・プラチナムに認定されている1981年の『戒厳令(原題:FAIR WARNING)』からは「アンチェインド(原題:Unchained)」がシングルに選ばれている。

続く1982年の『ダイヴァー・ダウン(原題:DIVER DOWN)』(4x プラチナム・ディスクを獲得)からは、「プリティ・ウーマン(原題: (Oh) Pretty Woman)」と「ダンシング・イン・ザ・ストリート(原題:Dancing In The Street)」が、そしてダイアモンド・アルバムに認定されている『1984』からは、「ウェイト(原題:I’ll Wait)」「パナマ(原題:Panama)」「ホット・フォー・ティーチャー(原題:Hot For Teacher)」に加え、ヴァン・ヘイレン最大のヒット曲でもあり時代を超えて愛される名曲「ジャンプ(原題:Jump)」という4枚のシングルがリリースされている。

基本的にこのシングルコレクションボックスセットに収録されている音源は、オリジナルアルバムバージョンが使用されている(「プリティ・ウーマン」と「ウェイト」は海外のシングルエディットバージョンを使用)のだが、特筆すべきは「ホット・フォー・ティーチャー」の音源だろう。この曲は、当時日本盤でしか聴くことができなかった、特別なエディットバージョンがそのまま採用されている。

リリース情報
2019.12.25 ON SALE
ALBUM『日本盤シングルズ 1978-1984』

予約はこちら
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/VHSinglesPu

ヴァン・ヘイレン OFFICIAL WEBSITE
http://www.van-halen.com/

ヴァン・ヘイレン WMJサイト
https://wmg.jp/vanhalen

このニュースに関するつぶやき

  • その時期のは全部CD持ってるんだよねぇ・・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定