ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 六角精児を「ロック少年」にした、ザ・ビートルズの曲は...

六角精児を「ロック少年」にした、ザ・ビートルズの曲は...

1

2019年10月31日 09:40  J-WAVE NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「YANASE MEMORY TUNES」。10月26日(土)のオンエアでは、俳優・六角精児が思い出の曲を紹介した。

この記事の放送回をradikoで聴く



■ロックを好きになったきっかけ

六角が紹介したのはThe Beatles『I Saw her Standing There』。六角は12歳の頃に洋楽ポップスを好きになり、『I Saw her Standing There』は初めて聴いたロックンロールだった。ラジオから流れてきた同曲を聴いて、六角は衝撃を受けたそうだ。

六角:始まりが格好いいんです。今でもこの曲を聴くと血が沸き立っちゃう感じがします。僕はこの曲をきっかけにロックが好きな少年になったわけです。そこからいろいろな音楽を聴くようになりました。


■映画『くらやみ祭の小川さん』

六角は、公開中の映画『くらやみ祭の小川さん』で主演を務めている。

<あらすじ>
思いがけず早期退職するハメになった56歳の平凡な会社員・小川秀治(ひではる/六角)。退職後、退屈な日々に時間を持て余した秀治は、「なにか趣味でもはじめよう」と考えるのだが、どれもうまくいかない。そこで秀治は、古くなった家を建て替えるため再就職を決意! ところが、その就職活動も容易には進まなくて......。そんななか、ひょんなことから地域住民との関わりを持った秀治は、地元・府中で開催されるお祭り「くらやみ祭」のお手伝いをすることに! 最初は気乗りしない秀治だったが、「くらやみ祭」を通して出会った仲間たちと関わるなかで、自分自身と家族の人生に向き合い、やがて人生再出発へ向けて奮闘しはじめる。ところがそんなとき、「くらやみ祭」に大きな問題が持ち上がってしまい......!?

六角:ほのぼのと楽しめる作品です。そこに、みなさんが気にしているような生活の問題も散りばめられています。だからといって答えがあるわけではないけど、みんながこの映画を観て「楽しい」と思ったと同時に考えてくれたらいいんじゃないか、というような映画となっています。私が主演でやってる映画はなかなかないので、ぜひ観にきてください。

ぬくもりに溢れた、ほっこりした作品となっているので、要チェックだ。

・公式サイト
https://kurayamiogawa.com/

『POP OF THE WORLD』のワンコーナー「YANASE MEMORY TUNES」では、思い出の音楽をエピソードとともに紹介する。放送は毎週土曜7時30分頃から放送。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時−9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定