ホーム > mixiニュース > コラム > 66歳、貯金2780万円。病気で余命が長くありません。私が死亡後の妻の生活が不安です

66歳、貯金2780万円。病気で余命が長くありません。私が死亡後の妻の生活が不安です

5

2019年11月03日 22:22  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真病気のため余命が長くない可能性があり、奥様の生活を心配する66歳の男性からいただいたご相談です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。
病気のため余命が長くない可能性があり、奥様の生活を心配する66歳の男性からいただいたご相談です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

私の死亡後に、家内の生活がどうなるのかとても不安です

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回は、病気のため余命が長くない可能性があり、奥さまの生活を心配する66歳の男性からいただいたご相談です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

1208さん(仮名)
男性/自営業・自由業/66歳
関東/持ち家(一戸建て)

家族構成

妻(65歳)

相談内容  

66歳、病気で余命が長くありません。私の死亡後の妻の生活が不安です。

外国の会社と個人契約で、報酬は月々約75万8000円。私は61歳から厚生年金を、家内は今年から国民年金を受給しています。

家のローンはサラリーマン時代の退職金で一括返済し、子どもは結婚して所帯を持っているので費用はかかりません。

定年もなく、75歳までは働くつもりで、私も家内も趣味に多くを費やしてきたのですが、先月私が病気で先が長くないことが判明しました。私の死亡後に、家内の生活がどうなるのかとても不安です。

支出はかなりどんぶり勘定で、各自の小遣い12万円は使いきれず、結果的に税金や一時出費などの支払いに回っていることも多いと思います。私の葬儀代は貯金に手を付けずに、死亡保険金でまかなえます。

私の死亡後、家内が95歳まで生きるとした場合、毎月の生活費がどの程度になるか。

私が今年末で仕事を辞め、70歳到達直後に死亡(団体生命保険給付なし)した場合と、70歳まで仕事が続けられて73歳で死亡した場合について、お教えいただければ幸いです(後者の場合、リタイア時点での車の購入可否も)。

また、現在の生活費各項目に対して、コメントやアドバイスがあれば、それもぜひ、お願いしたいと思います。

家計収支データ

相談者「1208」さんの家計収支データ


家計収支データ補足

(1)収支について
事業年収約910万円→手取り月収実績値75万8000円。仕事にかかる経費は、立替金として会社から翌月に支払われるため、手取り月収はすべて、プライベートの支出・貯蓄に使用。

(2)年金について
<本人>
・厚生年金:月額約18万2000円=手取り年額218万4000円
・厚生年金基金:振込年額7万2000円

<妻>
・国民年金:月額5万1000円=振込年額61万2000円

(3)住居費について
必要なリフォームはすべて終了。今後は、和室の畳交換程度

(4)車両費について
車が趣味の一つなので定年退職後に買い替えを行い、現在3台の乗用車を所有。

・任意保険:年13万9000円
・自動車税:年11万3500円
・ガソリン代:約36万円/年
・通常メンテナンス費用:約5万円/年
・車検・定期点検:約22万円/年
・車ローン:72万円/年(2020年末まで)
・外部駐車場代(1台分):3万6000円/年
■合計約159万円/年→13万3000円/月 

職業柄、2台は営業車として経費処理。まだ数年生きられそうであれば、年末に1台を100万円程度の中古車に買い替えたい。

70歳まで仕事ができたなら、リタイア時に人生最後の1台として600万円程度を支出したい。購入の可否がわからない。年齢を問わずリタイアしたら、車を2台に減車する。

(5)加入保険について
●団体生命保険
・本人/70歳まで継続可能、死亡保障2000万円=保険料8400円/月
・妻/70歳まで継続可能、死亡保障1000万円=保険料4300円/月

●医療保険
・本人・妻/入院日額1万円、通院日額3000円、放射線治療10万円(1給付のみ)など=保険料9万1620円/年

●がん保険
・本人/入院日額4万5000円、診断給付金150万円、がん死亡保障225万円
・妻/入院日額3万円、診断給付金90万円、がん死亡保障150万円
=保険料合計8900円/月

その他傷害保険などへの加入あり

(6)趣味娯楽費とお小遣いについて
夫婦で国内旅行を年に1〜2回。これは貯蓄から支出。

【本人】
趣味の支出は毎月12万円と決めているが、使いたいだけ使っているのが実態。不足分は毎月の貯蓄額で調整するか、貯金から引き出して使用。月々12万円の支出以外に1年から5年ごとに用具代として60〜80万円を支出。

【妻】
私の病気判明前は、ゴルフ代などが主な支出のよう。たぶん、余らせている。

(7)ご家族について(相談者コメント)
家内の老後については具体的に考えていないが、介護施設への入居は資金的に難しい。健康なので、あと10年は一人でやっていける。

家内の母親(80代)が、車で2時間ほどのところで経済的にも健康的にも自立して住んでいる。私の死後は、家内が自宅に引き取って面倒を看るのではないかと勝手に考えている。

母親の遺産はあっても少額。家内は相続を辞退し、親戚に譲ることになると思われる。そういう優しさや、身内に対して自己犠牲を厭わないところが心配な点。

(8)毎月の貯金について
小規模企業共済:7万円、中退共:3万円、普通預金:12万5000円(不定額)。2018年の貯蓄実績は約310万円

(9)貯蓄と投資について
・普通預金:1070万円
・小規模企業共済:427万円
・中退共:186万円
・米国債券ファンド:98万円
・10年個人国債:1000万円
■貯蓄+投資の合計:2780万円

(10)その他
家内に渡している月生活費31万8000円の内訳
・食費:12万円
・光熱費:6万円
・通信費:2万5000円
・ガソリン(妻分):1万5000円※車両費に含む
・ペット関係費:1万5000円
・保険(健保、団体生命保険、ガン保険):4万5600円
・衣類・雑費:3万7400円
■小計:31万8000円

その他、固定資産税、自動車税2台分、火災保険の月割り分として1万3000円を加え、合計33万1000円

(11)補足
私の母親と25年以上にわたり、同居。母は勝気で食にうるさく、晩年は体が不自由だったため、家内が母の面倒を毎日看ることは、大変なことだった。たまに私に愚痴を言う程度で、とてもよく面倒を看てくれていた。

その母が、昨年、介護施設に入居。家内は、ようやく自分の生活を楽しめるようになったが、私が病気になり、また苦労をかけることになってしまった。

私の望みは、家内が自分の老後を楽しんでくれること。そのため定額で渡している生活費や、家内の年金を含む趣味娯楽費についても、好きなようにやってもらっており、使途の詮索はしていない。

生活費の内訳は、5年前に会社をリタイアしたときに家内と決めた額。当時は、母親が一緒に住んでいたため、光熱費や食費がかかっていたが、今は、余剰金が出ていると思うが、見直しはしていない。

生活費も趣味娯楽費も月々の残額に関して私はノータッチ。上手くやってくれている(貯蓄している)と信じているが、年金受給もまだ始まったばかり。へそくり分はないものとし、家内の老後費用としてはカウントしていない。

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:今、仕事を辞めるなら急速に生活費を半分にする必要がある
アドバイス2:奥さまが、今後どのような生活を望むのかで、必要なお金は違う
アドバイス3:奥さまと一緒に、エンディングノートなどを使って、気持ちと資産の整理を

アドバイス1:今、仕事を辞めるなら急速に生活費を半分にする必要がある

思いもよらない病気になってしまったにもかかわらず、ご自分より奥さまのことを心配されていることが、よくわかりました。1208さんがお考えになっている2通りのパターンで今後の貯蓄と家計を試算いたしました。

まず、1208さんが年内で仕事を辞め、3年後からの奥さまの生活についてです。

想定外のことで、病気にさえならなければ、このままの生活ができたかもしれません。でも、来年から収入がなくなるとすると、急速に生活をコンパクトにし、現在かかっている生活費の半分、できれば6〜7割の削減が必要になってきます。

収入が年金のみで毎月約24万円。一方、毎月の支出が約70万円ですから、年間の赤字は約550万円、3年で約1650万円。現在の資産は3年後には1000万円程度まで減ってしまいます。

その後、奥さまは、遺族年金(おそらく10万円程度)と本人の国民年金5万円の15万円で生活していくことになります。現在の生活水準から考えると、月15万円での生活は難しいかもしれませんね。

次に、1208さんが70歳まで仕事を続けられ、その3年後からの奥さまの生活についてです。

現在、毎月の貯蓄は、定額ではないにしろ、22万5000円、年間で270万円。3年で810万円貯まりますので、現在の資産と合計して3590万円を残すことができます。

その後の奥さまは、収入は前述のとおり、毎月15万円。支出に関しては、現在、奥さまにお渡ししている生活費33万円を25万円程度に抑えられるとしたら、毎月の赤字は約10万円、年間120万円を資産から取り崩していくことになります。

3590万円をそのまま残すことができれば、約30年、奥さまが98歳、99歳まで安心して暮らすことができるでしょう。

アドバイス2:奥さまが、今後どのような生活を望むのかで、必要なお金は違う

1208さんの体調次第ですが、できれば働けるだけ働き、その間に生活を徐々にコンパクトにしていくこと、貯蓄額を増やしていくことが、結果的には奥さまの老後の安心につながるでしょう。

つまり、この後3年を、ご夫婦でどのように生活していくのか、一緒に考えることが大事なのではないでしょうか。

車の購入費用の600万円も、現状では厳しいといわざるを得ませんが、奥さまとお話しすることで、人生最後の夢を叶えることができるかもしれません。

1208さんは、奥さまが貯められている貯蓄やお金の使い方は詮索しない、ということですが、奥さま自身の老後にかかわることでもあります。ご夫婦で資産の棚卸しをし、今後の生活のシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。

それによって、ここで試算した結果以上に、奥さまにお金が残せるかもしれませんし、お一人の生活なら、それほどお金がかからない、とおっしゃるかもしれません。車の購入は、それ次第ではないでしょうか。

1208さんのご相談内容からは、奥さまが今後、どのような生活をしたいのか、お一人になったときに、どうされたいのかがわかりません。

1208さんのご心配はわかります。それだけに、奥さまとお話しをじっくりされ、これからのご夫婦での生活を楽しんでいただきたいと思います。

アドバイス3:奥さまと一緒に、エンディングノートなどを使って、気持ちと資産の整理を

ご自身の体調も含めて、心配ばかりが募る日々かもしれません。

でも、しばらくは働くことを考えれば、収入面は安定しているわけですから、ご夫婦の趣味や楽しみに、いくら費やすことができるのか、貯蓄はどれだけあれば、安心できるのかを考え、逆算して、毎月の支出をできるだけ抑えていくことが大切です。

そのためには、こちらにご相談されたような内容も含めて、エンディングノートのようなものを作られたらいかがでしょうか。

その際、1208さんだけではなく、奥さまも一緒になって資産の整理をすることです。経済的なことだけではなく、気持ちも書き出しておくといいのではないでしょうか。

1208さんの奥さまを思う気持ちも残しておきましょう。奥さまも、お一人になったときの生活のイメージを作られておくといいですね。

また、奥さまのお母さまとの同居や、奥さまご自身の介護施設入居の有無も、希望を確認されてもいいでしょう。自宅の売却などによって、介護施設の入居資金に充てることを視野に入れておいてもいいかもしれません。

いずれにしても、1208さんがお一人で抱え込む問題ではありません。どうか、ご家族で一緒に考えてみてください。そして、できるだけストレスのかからない生活を過ごせることを願っています。

相談者「1208」さんから寄せられた感想

私のリタイア・死亡後の我が家の家計を大幅に見直さなければならないことは、病気の発覚時に覚悟いたしました。

これまで家族の生活を見てくれてきた家内には、これからは自分自身の生活を楽しんでもらいたいという想いから、私一人で老後資金計画を考えてきましたが、先生のアドバイスをいただき、心機一転の覚悟で、家内を交えて二人で見直しをしようと思います。ありがとうございました。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文:伊藤加奈子
(文:あるじゃん 編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 月収が100万円近くあるのに貯蓄ができていませんね。
    • イイネ!10
    • コメント 0件
  • 月収が100万円近くあるのに貯蓄ができていませんね。
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定