ホーム > mixiニュース > コラム > 「親を泣かせた」10代の告白

「親を泣かせてしまった」10代の告白

120

2019年11月08日 17:20  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真「親を泣かせてしまった」10代の告白
「親を泣かせてしまった」10代の告白
TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」11月7日(木)の放送テーマは、『親を泣かせてしまった』。パーソナリティのとーやま校長が、リスナーから届いた自身の行動によって“親を泣かせてしまった”エピソードを紹介。その一つ一つに対して感想やアドバイスを伝えました。



とーやま校長:みんなもいろんなことで親の涙を見たり、あのときこんな理由で泣いていたんです、という話を後から聞いたり……。そういうことは今までにあったと思うんだけど、今日はそんな話を聞かせてもらって一緒にみんなで考えていきたいと思っております。SCHOOL OF LOCK! 本日の授業テーマは、『親を泣かせてしまった』。

“泣かせてしまった”だから、ニュアンス的には嬉しい涙ではない。悲しませてしまったり、自分の一言で親を傷つけてしまって、図らずも涙を流させてしまった……という話を聞いて、そのときにどんなことを思ったのかとか、今そのことについてどう思っているのかとか正直な気持ちを我が校の学校掲示板に書き込んでほしい。

――リスナーの書き込みを紹介
【私は母の作った料理をティッシュにくるんで捨ててしまい、泣かせてしまったことがあります。母を泣かせてしまったのも、母の涙を見たのも、それが最後です(16歳女性)】

とーやま校長:この前の段階でどんな感情があったのか、お母さんとどんなやり取りがあったのか……というのは、これだけではなかなか伺い知ることはできないけど、いろいろ思うことがあったんだろうね。料理の味がどうこうとかではなくて、何か許せないことがあったり、衝動でやっちゃったとかなのかね。でもこの文章だけでも……別に絵文字がついているわけでもないし、『(泣)』みたいなことが書いてあるわけでもないけど、めちゃめちゃ後悔しているな、っていうのは伝わるね。

【私は高校に落ちたとき、親を泣かせてしまいました。引っ越した直後に受験があり、半分「仕方ない」と思っていたけど、とても申し訳なくて一緒に泣きました。私立の高校に通わせてもらうことになって、お金もかかるし少し遠いけど文句も言わず毎日送り出してくれる両親のために必死に勉強を頑張っています。第1志望校に合格して、父と母のような自衛官になって恩返ししたいです。もう二度とあんな気持ちにさせたくない!(16歳女性)】

とーやま校長:その親の涙を見て、“それほど自分のことを思ってくれていたんだ”と強く思っただろうし……ま、でもそこで終わりでも何でもないし、また立ち上がって歯を食いしばって闘ったら、嬉し涙を流すシーンは必ず来るはずなので!

【自分が学校に行けなくなったとき。もう2度とあの顔にはさせない(15歳男性)】

とーやま校長:力強い書き込みだね。一緒に住んでいるわけだから、学校に行けなくなった姿も見ているだろうし、会話があったのか……会話をすること自体にすごく体力を使ったかもしれないね。そんな親の顔を見て、“これ、自分もうちょっとやんねーとな”って思ったんだろうしね。『自分が学校に行けなくなったとき』だから、今は行けているのかな。そしてあのときの顔が頭に残っているからこそ、今の自分があるんだし。こうして送ってきてくれていることが、何よりだとも思うしね。

【私は最近よく親に当たってしまいます。特に母親に沢山当たっています。高校に入って、親元を離れて、近くに家族がいないからこそ、日々のストレスとか、高校生活にまだ慣れていなかったり、人間関係だったり、部活だったりと、自分がつらいときとかいろいろ我慢してるときに、LINEで何も悪くないのに一方的に怒ってしまったり、わざわざ会いに来てくれたときも他の人にぶつけられないイライラをぶつけてしまいます。お母さんはどんなことがあっても、自分を見捨てたりどんなときでも味方でいてくれると分かってるからこそ、沢山怒鳴ったり拗ねたりしてしまいます。上手くいかないことや他の人へのイライラを、全てお母さんに言ってしまいます。言ってるときに言いすぎたと思うけど、受け入れてくれるお母さんに甘えてしまいます。いつも謝ろうと思っても謝れなくて、昨日もLINEで一方的に当たってしまいました。明日お母さんが来てくれるので、謝りたいです。謝ってこれからも応援して欲しいです。(15歳女性)】

とーやま校長:こういう気持ちを、お母さんは全部じゃないかもしれないけど、少しはわかってくれているもんだと思うんだけどね。じゃなかったら、お母さんは怒って“ふざけんなよ”ってなるはずだしね。実際はお母さんも、“おい!”って思う部分があるかもしれないけど、どこかに“娘だし”というのもあるし、お母さんにもそういう経験があって、“あのときの自分を見ているようだ”って思っているのかもしれないし。でも……明日、いいね。今日、こういうテーマで明日お母さんに会えるってね。これは、涙を流しながらでもいいんじゃない? 一言で伝わると思うよ。

【中2の時、親と喧嘩をしました。確か進路の話がきっかけで喧嘩になりました。9歳のときに親が離婚していて、家はあまり裕福ではありません。そんないろんな鬱憤を母にぶつけてしまいました。「こんな家になんか生まれたくなかった。他の家が良かった」。そして母を泣かせてしまいました。今は母と仲良く暮らしていますが、こんなことを言ってしまったことは今でも後悔しています。(17歳男性)】

とーやま校長:今日はこういうテーマだったから書き込みをくれたけど、たぶんそうじゃない日でも寝る前に思い出したり、友達と遊んでいるときにも思い出したり……そのくらいの経験だったんじゃないかな。でもなぁ……学校の友達と自分を比較したときに、“このモヤモヤはどうしたらいいんだろう”ってなって、お母さんにぶつけちゃったのかな……っていうのは、今になったらわかることだけどね。うん……まだ謝れてないもんね。でも今は仲良く暮らしているということで、お母さんもすごく嬉しいと思う。(謝るのは)どっかのタイミングでいいんじゃない? お母さんもわかってくれていると思う。

【私は中学3年生の受験生です。この前、志望校への目標点数が全然足りずにイライラしていたら、母親に「大丈夫だよ。きっと受かる」と言われ、「あんたに何がわかるんだよ!」って言って物を投げつけて親を泣かしてしまいました。私のために言ってくれたのに、本当に後悔しています。(15歳女性)】

とーやま校長:う〜ん……わかってるんだよね? 投げるときはそうじゃなくても、物を投げてどこかにぶつかった瞬間にとんでもない後悔だよね。親も娘が受験で大変なときだとわかってくれていると思うんだけれども……。でもこうして後悔しているということは、たぶん同じようなことはもうない……でしょ? この気持ちもわかるけど、今は何より志望校に向かって足りてないところをしっかりと補って、来年の3月に親を喜ばせることが何よりの“ごめんなさい”、そして“ありがとう”に繋がるわけだから……わかってると思うけどね。うん。そこに向けてやることをやっていこう! そして、勉強で忙しいときに書き込みをくれて、どうもありがとう。

――黒板の時間

とーやま校長:“親が涙を流してしまった”ということは、どういうことなのかな、というのを、みんなの話を聞きながら、書き込みを見ながら、俺なりに考えてみた結果を黒板に書いた。


『君を受けとめてくれた』

こういうことなんじゃないかなと思うんだよね。親が何か悲しいことを言われて、予想もしていなかったことを言われて涙を流しました……それにはいろいろな涙の種類があると思うけど、例えば「ふざけんなよ!」って食って掛かってきた怒りの涙というのは、俺が見た限りはひとつもなくて。

普通、友達とか赤の他人とかとこんなことになったら、「おい!」って言い返して、また言い返して……みたいなことになるけど。そうじゃないってことは、たぶん悲しいけれどもその場で立ち尽くして、全てを受けとめてくれている証だと俺は思いました。

で、親も親で自分の可愛い我が子にそんなこと言われたこともないし、そんなことを誰に教わったこともないし、どうして良いかが分からず、おそらく体のサインとして目から涙が流れたんだろうと思う。じゃあその涙はどこからやって来たのかと言うと、“愛”以外の何物でもないなと俺は思うね。君を受けとめてくれて、そこに愛があるから君の目の前で親は涙を流した、ということを、僕は今日2時間みんなの話を聞いて思いました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月15日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • うちのとはなんか違うな���顼�áʴ���私のために泣いたというより対処が面倒でなんか泣いてたのは見たことある。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 逆や、親に泣かされたよ私は、毒親だから
    • イイネ!75
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(80件)

前日のランキングへ

ニュース設定