ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スーパー耐久最終戦岡山:グループ1は777号車D’stationが勝利。激戦のST-TCRはBRPアウディが戴冠

スーパー耐久最終戦岡山:グループ1は777号車D’stationが勝利。激戦のST-TCRはBRPアウディが戴冠

0

2019年11月11日 12:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真開幕戦以来の勝利を飾った777号車のD’station Vantage GTの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組
開幕戦以来の勝利を飾った777号車のD’station Vantage GTの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組
 今シーズンの最終戦となるピレリ・スーパー耐久シリーズ2019第6戦「スーパー耐久レース in 岡山」が、 11月9〜10日に岡山国際サーキットにおいて 3時間レースとして開催。

 グループ1は、777号車のD’station Vantage GTの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組がポール・トゥ・ウインで開幕戦以来の勝利を飾った。

 グループ2は、終盤に13号車ENDLESS・86(中山友貴/宮田莉朋/蒲生尚弥)が逆転し、今シーズン初優勝を遂げ、全8クラス中残った5クラスでチャンピオンが確定した。

 59台のエントリーがあった最終戦岡山。グループ1(ST-X、Z、TCR、1〜3クラス)は33台とグループ2(ST-4、5クラス)は26台が参加し、それぞれ3時間レースを行うスタイルを取った。

 9日に行われた公式予選の結果、ST-2クラスは59号車DAMD MOTUL ED WRX STI(大澤学/後藤比等至/井口卓人/石坂瑞基)、ST-5クラスは4号車THE BRIDE FIT(見並秀文/カルロス本田/妹尾智元/佐藤駿介)が決勝レースを前にチャンピオン確定となる。


 10日午後に行われたグループ1のレースでは、ST-TCRとST-3クラスで白熱したタイトル争いが演じられる。

 ST-TCRクラスは6台の車両にチャンピオンの権利がある混戦模様で、予選後のポイントではわずか4点差に、10号車IDI GOLF GTI TCR(Fhilippe Devesa/密山祥吾/Jake Parsons)、97号車Modulo CIVIC(植松忠雄/中野信治/遠藤光博/大津弘樹)、45号車 BRIN・NAUB RS3 LMS(竹田直人/白坂卓也/田ケ原章蔵)、19号車BRP★Audi Mie RS3 LMS(太田佑弥/松本武士/篠原拓朗)の4台がひしめくこととなった。


 97号車シビックがトップを独走していたが、レース中盤に19号車アウディがトップに浮上する。

 レース開始1時間15分の時点でFCY(フルコースイエロー)からセーフティカー(SC)導入となり、501号車KCMG Amika CIVIC TCRがタイミングよくトップに躍り出たが、19号車アウディの松本が逆転に成功し、トップチェッカーで逆転チャンピオンを手にする。松本はTCRジャパンシリーズ(スプリント)と合わせて耐久でもタイトル獲得となった。

 また34号車TECHNO FIRST RC350(手塚祐弥/大草りき/前嶋秀司)と68号車埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX(服部尚貴/脇阪薫一/吉田広樹)が3点差で迎えたST-3クラスは、38号車ADVICS muta racing RC 350TWS(堀田誠/阪口良平/堤優威)が優勝。

 68号車マークXが3位、34号車RC350が4位で同点で並んだが、優勝回数の差で34号車RC350がチャンピオンとなった。

 ST-Xクラスは777号車D’station Vantage GT3(星野敏/藤井誠暢/近藤翼)、ST-Zクラスは2号車ケーズフロンティアSYNTIUM KTM(飯田太陽/加藤寛規)、ST-1クラスは47号車D’station Porsche(星野辰也/織戸学/濱賢二)、ST-2クラスは7号車新菱オート☆NeoGlove☆DXLエボX(成澤正人/遠藤浩二/朝日ターボ/岡崎善衛)がそれぞれ優勝を飾っている。

 午前中に行われたGroup 2のレースではST-4クラスの熾烈なチャンピオン争いが展開される。

 ポイントリーダーの884号車林テレンプ SHADE RACING 86(平中克幸/国本雄資/HRO HAYASHI/石川京侍)と13.5点差の逆転を狙う86号車TOM’S SPIRIT 86(坪井翔/中山雄一/松井孝允)のバトルはホールショットを決めた86号車トヨタ86がレースをリードしていたが、レース中盤のFCYのタイミングでピット作業を行った13号車ENDLESS・86(中山友貴/宮田莉朋/蒲生尚弥)がトップに。

 終盤2番手の86号車86は左フロントタイヤのバーストで無念のピットイン。これで884号車86が2位に出て13号車トヨタ86が優勝。チャンピオンは884号車となった。

 ST-5クラスの優勝は66号車odula Idia ROADSTER(榎本陸/武地孝幸/植田祥平)だった。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定