ホーム > mixiニュース > コラム > 夏目漱石、どうかしてる逸話

夏目漱石は猫だけでなく犬も飼っていた!/『文豪どうかしてる逸話集』

230

2019年11月11日 17:41  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『文豪どうかしてる逸話集』(進士素丸/KADOKAWA)
『文豪どうかしてる逸話集』(進士素丸/KADOKAWA)

誰もが知っているあの文豪に、こんな意外な一面があった!? 太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、川端康成など、名作の生みの親の「どうかしてる」逸話を一挙紹介!

【夏目漱石】(1867〜1916)



プロフィール

職業:教師→小説家
本名:夏目金之助
出身地:東京都
好きな文豪:正岡子規
趣味:甘いもの

メンタル弱めな日本一の文豪

 裕福だった生家が明治維新の混乱で没落し、里子や養子に出されたり、また実家に戻されたりし、学校も転々としていた。

 大学卒業後は英語教師の職に就き、その後イギリスへ留学するも、現地でカタコトの英語を笑われ、病んで一時引きこもりになる。

 帰国後は大学講師になるも、前任の小泉八雲の講義があまりに好評すぎたため、学生たちからの「なんか新しい先生の講義つまんなくね?」みたいな空気に耐えられず、またまた神経衰弱に。

 その後「気晴らしに小説でも書けば?」と友人に言われて書いた『吾輩は猫である』がヒットして作家デビュー。

代表作

『我輩は猫である』(1905)

「吾輩は猫である。名前はまだ無い」の冒頭があまりに有名な、漱石の処女作。
猫目線で人間世界を描く、元祖・日常系。
主人公の猫は、漱石の家に迷い込んだまま居座った野良猫がモデルで、この猫にも名前はなく、漱石は「ねこ」と呼んでいた。
この猫が死んだ時には、漱石は友人知人に死亡通知を出すほどに悲しんだ。

『こころ』(1914)

鎌倉の海岸で出会った主人公と、不思議な魅力を持つ「先生」と呼ばれる男。
やがてある日、私のもとに分厚い手紙が届いた時、「先生」はもはやこの世の人ではなかった。遺された手紙から明らかになる、「先生」の人生の悲劇。
漱石晩年の傑作で、日本で最も売れている小説。

>>夏目漱石は米が稲になることを知らなかった?

夏目漱石は甘いものが好きすぎて、1日でジャムを1瓶食べたり、自宅にアイスクリーム製造機を設置したりしていた。

 自身の作品にも、団子やら羊羹(ようかん)やらの甘味がたびたび登場する夏目漱石は大の甘党で、執筆中は常に手元に甘いものを置いていた。

 その甘いもの好きはなかなかにすさまじく、大好きなジャムは瓶のまま舐める。「体に悪いから」と医者にとめられてもやめられず、1日で1瓶空けたこともあるほどであった。

 また、当時珍しかったアイスクリーム製造機を取り寄せて、漱石自らアイスクリームを作り、家族にふるまったりもしていた。

 胃潰瘍になっても甘いものをやめないので、奥さんが甘いものをどこかに隠すと、娘を使って捜させる漱石。その結果、ある日とうとう吐血してしまう。

 漱石はこの時のエピソードについて「血吐いたんで医者を呼んだら、糖尿病だって。こいつは参ったね」みたいな手紙を友人に出しており、糖尿病を患ってもなお甘いものを食べたがった漱石の甘党ぶりがうかがい知れる。

(出典) 菅虎雄への書簡

米が稲になることを知らなかった夏目漱石。



 英文学者としても教育者としても名高かった夏目漱石だったが、なんと米が稲になることを知らなかった。

「リンゴやミカンのように木になるんじゃないの? え? 違うの?」みたいな話をして、一緒にいた正岡子規は思わず絶句。

 のちに弟子の芥川龍之介がこのことについて漱石に聞くと、

「稲は知ってたし、米も知ってたし。米が稲になるのを知らなかっただけだし」

 と、よくわからない言い訳をした。

(出典) 正岡子規『墨汁一滴』

>> 漱石は猫だけでなく犬も飼っていた

夏目漱石、汚い部屋を見られたくなくて、アメリカ人女性の来訪を断る。

 アメリカ人のある女性から漱石宛てに「今度日本に行くので、書斎に遊びに行ってもいいですか?」という手紙が届いた。

 なんでもそのアメリカ人女性は、日本の文学や詩に興味を持っているらしく、ぜひ漱石の書斎を見学させてほしいとのこと。

 これに対して漱石は「え? うそ? アメリカ人から手紙来た!」「とうとう自分も海外にまでファンができたか!」と喜んだが、少し考えてから、丁寧な英語で「断る」と返事。

 のちに芥川龍之介に、この来訪を断った理由について聞かれると、「だって、こんな狭くて汚いとこで書いているって、アメリカの人に思われたくないじゃん」と答えたのであった。

(出典) 芥川龍之介『漱石先生の話』

猫だけでなく犬も飼っていた夏目漱石だったが……。

 漱石の家には何度か泥棒が入ったことがあったため、番犬を飼うことになった。

 しかしこの犬、通行人に吠えまくったりとなにかと素行が悪い。

 そしてある日、とうとう近所の人に嚙みついてしまい、警察沙汰に。

 この犬をかわいがっていた漱石は、

「うちの犬は利口ですから。怪しい奴にしか吠えないし、家の者や人相のいい人には吠えない。嚙みつかれたりするのは人相の悪い奴か、敵意を持っている奴。犬ばかりを責めるわけにはいかない」

 と反論し、警察官に「犬を出せ」と言われても頑(がん)として譲らなかった。

 しかし後日、夜遅くに帰宅した際に、この犬に吠えられた挙句に嚙みつかれ、服もぼろぼろにされた漱石は、この犬をそっとよその家へ譲った。

(出典) 松岡譲『漱石の思い出』


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 『米のことを訊かれて米っただけ』←米った時の米ント…それは米りましたね…(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • その分野にどっぷり突き進むには、変人じゃないと無理だもんさ(笑)作品と人物像なんて一致しないよ…普通(笑)
    • イイネ!63
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(133件)

あなたにおすすめ

ニュース設定