ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 悪い男はワガママで「尽くす女」を作りあげる

悪い男はワガママで「尽くす女」を作りあげる

9

2019年11月11日 18:12  マイナビウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビウーマン

写真悪い男はワガママで「尽くす女」を作りあげる
悪い男はワガママで「尽くす女」を作りあげる

お嬢さん。

幸せな恋愛をゲットするための、たったひとつの冴えたやり方をご存じでしょうか?

それは「悪い男に捕まらない」こと。

いいですか?

この世には、貴女の心と身体を奪おうとする獣や悪魔がたくさんいます──いま、この画面を見ながら想像したよりもずっと。本連載では、そんな「悪い男」の手口を紹介していきます。

それをどうか心の中にファイルしてください。危ない色のファイルですが、いつか役に立つときがくるはずですから。

■本日の恋愛ブラックファイル

「ちょ、駅まで迎えにきてよ」 「ここ奢ってくんない?」 「俺が会おうって言ってるでしょ?」

わかりますか?

このワガママを押し通す感じ。

なんやかんや言うことを聞かせてくる感じ。

「まあ、それくらいやるけど……」 「私、すごく必要とされてる! 私がいないとダメなんだろうな」 「本当にダメな男なんだから」

貴女の反応はさまざまでしょう。ため息をついて車を出すこともあれば、逆に母性本能をくすぐられて笑顔で奢ってあげることもあるでしょう。

なんだかんだ相手のために尽くすのは悪い気もしません。

女が尽くして当たり前──という顔をされることもあるでしょう。しかし、そんなときも心の底では感謝してくれているはず、なんて。

だって、こんなに尽くしてるんだから。

だから大切に思われているに違いない。彼にとって、私は、かけがえのない存在。そう考えるとドキドキする。嬉しくなる。もっと彼のために尽くしたくなる。いろいろ応援したくなってしまう。きっと、それが私の役割だから──。

ダウト!

お嬢さん。それが悪い男のブラック恋愛術なのですよ。

よろしいですか?

悪い男ほど、上手にワガママを押し通すのです。少しずつ尽くさせるわけです。それも骨の奥まで貴女を“尽くす女”にするために。

■この手口を使う悪い男のタイプ

ズバリ「ワガママ尽くさせ系男子」です。

このタイプは上下関係に敏感です。動物のように「敵か味方か?」「言うことを聞かせられるか聞かせられないか?」で相手を判断します。マウントをとりたがる男性ですね。

本心からワガママを言ってのけるタイプもいますし、計算でワガママを押しつけてくるタイプもいます。共通するのは「貴女から尽くす」ようにしむけること。

たとえば「なんかご飯作ってよ」と駄々をこねようが、「あ、ビール頼んでくれる?」と、あえて細かな要求を重ねようが、最終的には、貴女が彼のために動くことになるわけです。

そして逃げられなくする。

相手のために尽くすのは気持ちいいでしょう。お願いされるのも、命令されるのも、ゾクゾクするでしょう。刺激的で離れられない気がしますよね。

しかし、その正体は、貴女を“尽くす女”に仕立てあげようとする悪い男なのです。

■この手口を使う効果と男性心理

悪い男がこの手口を使う理由はひとつです。

貴女を都合のいい人間にしたいから。

つまりは“尽くす女”です。

もちろん、相手のために動いてあげるのは悪いことでありません。助け合いの精神は美しいですよね。

ここで問題なのは「それを利用して、貴女を“尽くす女”にして逃げられないようにする悪い男がいる」ことなのです。善意は悪くありません。善意を利用する存在が悪いということです。

上にも書いたように、男は、なんとしても貴女が尽くすようにしむけます。

それを繰り返すことで、その関係を固めようとします。それを当たり前のように思いこませるのです──どんどん“尽くす女”の役割から逃げ出せなくなる。そして同時に要求もエスカレートするのです。

乙女の好意を踏みにじる行為。まさに悪い男のブラック恋愛術です。

■この手口の見破り方と対処法

どうやってこの手口に対処すればいいのか?

とにかく男のために動かされすぎないこと。

もちろん相手のために尽くしてあげるのは悪いことでありません。しかし貴女の好意につけこむ気配があるなら要注意です。

はじめは「100円貸してよ」「こっち座って」といった軽いものかもしれません。しかし、それが水に毒を混ぜるように効いてくるわけです。あとから気づいても大変です。はじめから気をひきしめましょう。

見極めるポイントは「ありがとう」「申し訳ない」という気持ちを男性が持っているか、です。

言葉だけでなく「代わりに今度は僕がやるね」と態度で示してくれるならさらにグッド。もちろん「お前が尽くして当然」というスタンスは論外です。

お嬢さん。

貴女のやさしさは本物です。尽くす行為も美しい。ただ、それを利用しようとする悪い男には気をつけてください。

貴女が“尽くす女”なのが悪いのではありません。あちらが“尽くさせる男”なのが悪いのです。

ちょっとだけ、強くなってみませんか?

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:ますだみく)

元の記事はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 失敗したな〜、コレを若い頃に知ってりゃあさぁ、「悪い男」になっちゃってね「髪結いの亭主」となって『贅沢三昧』したのにな〜・・・・って後悔してる���ä������ä������ä���
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 単に女性が男を見る目がないだけでは?(´・ω・`)ションボリ
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定