ホーム > mixiニュース > コラム > 感受性の正体とは? 感受性の強い人の特徴

感受性の正体とは? 感受性の強い人の特徴

14

2019年11月11日 18:12  マイナビウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビウーマン

写真感受性の正体とは? 感受性の強い人の特徴
感受性の正体とは? 感受性の強い人の特徴

感受性が強い人は、敏感で繊細であるという良さがある半面、人よりも多感にいろいろなことへ気づいてしまうため、ストレスも抱えてしまいがち。

感受性の正体はなんなのか、またそれを活かす方法とは? 今回は感受性の強い人の特徴や、向いている仕事など、楽に生きていけるようになるためのヒントをお伝えします。

■感受性とは「刺激を受け取る感度」

感受性とは、外界からの刺激を受け取る感度のことをいいます。

たとえば、カフェでくつろいでいるとき、隣のテーブルの話し声が気になる人もいれば、まったく気にならない人もいますが、気になる人は気にならない人よりも話し声に対する感受性が強いということになります。

外界からの刺激は、音以外にも、気温の変化、香水の匂い、タバコの煙、料理の味などさ まざまあり、いずれも五感で受け取る刺激です。そういった刺激に敏感なことを感受性が強いと表現します。

◇「心理的な刺激に敏感な人」も感受性が強い

一方、刺激には心理的に受け取るものもあります。

たとえば、悲しい映画を観て号泣する人は、泣かない人よりも感受性が強い人だといわれます。対人関係において、他人の気持ちを敏感に受け取ることができるというのも感受性が強い人の特徴のひとつです。

ところで、感受性と似た言葉に感性というものがあります。

どちらも同じような意味の単語なのですが、一般に感性は、ファッション、音楽、映像などの芸術的センスについて用いられるケースが多く、このコラムでは、そういったセンスを意味する感性ではなく、周囲からの刺激に対する反応を表す意味での感受性、特に心理的に受け取る刺激に対する感受性が強い人について考えていきます。

■感受性が強い人に共通する5つの特徴

感受性が強い人は、一般の人よりも多くの刺激を周囲から受け取ってしまうことで、その性格や考え方に少なからず影響が生じています。

感受性が強い人によく見られる特徴の主なものを挙げると次のようになります。

◇(1)世話好きで親切

感受性が強いゆえ、困っている人の気持ちがよくわかるために放っておくことができず、なんとか助けてあげようとします。

世話好きで親切だといえるのですが、「自分がなんとかしてあげなくてはならない」という意識を強く持つあまり、背負い込みすぎて苦しくなったり、相手にとって重荷になったりすることもあります。

◇(2)他人の反応が気になる

他人の気持ちを敏感に察してしまうので、どうしても相手のことに意識が向いてしまいがち。

相手の言葉や表情、態度がつい気になってしまうため、自分がどう思われるか心配し、必要以上に空気を読んだ行動をすることが多くなります。人前で緊張しがちなのも他人の目が気になるからです。

◇(3)謙虚で心配性

自分の評価が気になる傾向が強く、悪く思われないように目立たず謙虚な態度を取りがちです。

失敗することに臆病で、物事を慎重に進めようとする心配性なところも。自分はうまくできると考えるより、うまくできなかったらどうしようと考えてしまいがちなのは、自分に自信が持てないからです。

◇(4)決められたことをしっかりやる

周囲の刺激が何かと気になることで注意力が散漫になってしまい、ケアレスミスを起こすときがよくあります。

特に、同時に複数の作業を並行して行ったり、突然の予定変更や急な依頼などの想定外に対して臨機応変に対応したりする状況が苦手です。

逆に、あらかじめ決められたことをひとつずつ確実に処理するのは得意。もともとしっかりやりたいという意識が強いので、自分でダンドリを考えて、その通りに丁寧にこなそうとします。

◇(5)自分の世界を持っている

小さい頃から多くの刺激を受け取り続けていることで、物の見方や考え方において、他の人とは少し異なる独特の世界観を持つようになります。

本人にとってはいたって自然な普通の言動であっても、周囲からは違和感を持たれてしまい、「自分の世界を持っている人」「ちょっと異質な人」と思われてしまうことがあります。

■あなたは強いタイプ? 感受性診断

感受性が強いタイプなのかどうかは、自分ではなかなか判断がつかないものです。チェックリストを使って客観的に自分自身を振り返ってみることで、その本質を確かめることができます。

あなたが感受性の強いタイプかどうかチェックしてみましょう。以下の項目で自分に当てはまると思うものにチェックを入れてください。

□目立つことはしないほうだ □人から気に入られたい、嫌われたくないと思う傾向が強い □怒られたり注意されたりすると傷つきやすい □失敗しないかどうか心配することが多い □嫌な出来事を長く引きずりがちだ □短時間にたくさんのことをしなければならないのは苦手である □他人に見られていると思うと緊張して実力を発揮できなくなる □他人の顔色や発言がいつも気になる □他人の期待に沿うよう努力をするほうだ □劣等感が強く、自分に自信がない □深く考えすぎてしまって、なかなか決断できないことが多い □何か悪いことがあると、自分のせいだと考えがちだ □礼儀やマナーが悪いのは許せない

3つ以上チェックがついた人は、日々の生活で大きなストレスを抱えている可能性が高いかもしれません。後述する対処法を読みながら、自分なりに楽に生きる方法を工夫していくことをおすすめします。

■感受性が強いタイプに向いている職業とは?

感受性の強さに生きづらさを抱いている人も多くいることでしょう。

しかし、視点を変えれば、感受性の強い人は他人の気持ちに寄り添うことができて、やるべき仕事をミスなくしっかりやろうとする意識があるので、基本的にどんな職場でも重宝がられる存在です。

ただし、感受性が強いがゆえにストレスを抱えやすい部分もあるので、自分の性質に向いた働き方ができる職種に就くことが大切です。

◇臨機応変さを求められる仕事に注意

感受性が強いタイプの人が性格的になるべく避けたほうがいいのは、突発的な対応を臨機応変にやらなければならない職種や、複数の仕事を同時進行で行う複雑な職種です。

また、チームで活動する職種も一緒に働く人に恵まれないとつらい思いをすることがあります。

◇おすすめは「定型的なルーチンワーク」

逆に、向いているのは、定型的なルーチンワークで目の前の仕事をひとつひとつじっくり処理していくような職種や、対人関係の複雑な駆け引きがそれほど要求されない職種。ストレスが少なく安心して取り組むことができるでしょう。

具体的にどのような職種なのか、ほんの一例ですが紹介したいと思います。

☆(1)経理事務

1日単位、1カ月単位、1年単位でやるべきことが決まっているのが経理の仕事です。突発的に対応しなければならないケースも少なく、直接のクライアント対応など感情的な焦りを担う業務が発生しにくい職種です。

マイペースで安心して従事できるでしょう。

☆(2)研究開発

食品や薬品などの企業における研究開発の仕事は、計画に基づいて日々コツコツと取り組むことができるので、感受性が揺さぶられることなく平穏に仕事がしやすい職種だといえます。

☆(3)職人

調理師、パティシエ、伝統工芸品制作などの職人的な仕事も向いています。感受性の強さが作品に活かされることも多く、個性を存分に発揮できます。

自分と似たタイプの人が同じ職場にいる可能性も高いので、人間関係で戸惑うことも少ないでしょう。

☆(4)ネットビジネス

webライターやエンジニア、ECサイトの運営などパソコンを使ってひとりで完結できるネットビジネス。

自分のペースで仕事をするのが得意なこのタイプには向いています。仕事上の人間関係もビジネス以外のわずらわしさがない気楽さがあります。

◇諸刃の剣である「感情を使う仕事」

感受性の強さはサービス業や営業など対人関係の職種でも役に立ちます。しかし、相手の気持ちがわかりすぎるがゆえ感情的に疲弊してしまう可能性もあって諸刃の剣といえるでしょう。

そういう職種に就いている人は、感受性の強さを抑える方法について次に説明しますので、それを参考にしてストレスコントロールをしながら従事するといいと思います。

■感受性の強さを抑える「5つの方法」

感受性が強いことは長所にも短所にもなります。

感受性が強い人は、いろいろな点に敏感。それをうまく生かせると長所になり、逆に、振り回されてしまうと短所になるのです。

振り回されてしまうと、他人の顔色を気にしすぎるあまり気を遣いすぎてしまったり、悪く思われないように頑張りすぎたり、自分の至らない点を反省しすぎたりするなどして、精神的に疲れてしまうことになります。そうならないようにするためには、ある程度の鈍感さを持つ必要があるのです。

「鈍感さを持つ」とは、別の言い方をすると、気にしすぎない、考えすぎないように自分を適度にコントロールできるようになるということです。そのためのコツをご紹介しましょう。

◇(1)自分は感受性が強いと自覚する

自分をコントロールするためには自分自身のことを理解して、自覚することが不可欠です。自分は感受性が強く、いろいろなことに気づきやすい、そのためアレコレ考えすぎてしまう傾向がある。

このように、感受性の強さを自覚すれば、それによる自分の長所と短所を認識する第一歩になります。

◇(2)「自分はよくやっている」とねぎらう

感受性が強いために今までいろいろな苦労をしてきたことでしょう。それに耐えながら一生懸命頑張ってきたはず。そんな自分自身に対して、私は本当によくやっている、とねぎらいの言葉をかけてみてください。

目を閉じて、目の前に頑張っている自分がいると想像し、尊敬の念を持って言葉をかけるのです。そして、ねぎらわれた自分の気持ちに浸ってください。

ゆっくり深呼吸をしながら、自分のことを認めると、心が安定していく感じが味わえるでしょう。精神的に疲れたと思うときには、ぜひこれをやってみてください。

◇(3)「人の気持ちは本人が決めるもの」と知る

他人の気持ちを気にしすぎてしまうのは、悪く思われたくないから。しかし、いくら気を遣ったとしても、相手がどう思うかは本人が決めることです。

運悪く相手の機嫌が良くないときに当たることもあります。自分なりに気を遣ったら、相手の機嫌が悪いのは本人の責任だと割り切って、アレコレ考え続けないようにしたほうが精神的健康には得策です。

他人の気持ちがどうしても気になるときは、「自分は他人を喜ばすために生きているわけではない」「他人の感情の責任を自分が過度に持つ必要はない」と何度も自分に言い聞かせるようにするといいでしょう。

◇(4)「誰だって失敗すること」を忘れない

失敗を恐れて心配しすぎてしまうのは、それだけうまくやりたい気持ちが強いからです。

それは理想の自分を目指そうという前向きさであり、向上心が強い人だといえます。ただ、忘れてはいけないのが、失敗しない人はいないということです。

みんな何度も失敗をして、そこから学んで成長していくのです。失敗してもたいていは挽回するチャンスがあります。大事なのは、失敗しないことではなくて、失敗から学ぶことなのです。

◇(5)なるようになる精神

いくら頑張ってもうまくいかないこともあれば、大した努力をしていなくてもうまくいくことだってあります。

人生なるようになる、のです。

だからといって、努力をしなくてもいいという意味ではありません。やれるだけのことをやって、あとはどのような結果になっても現実を受け止める。目先のことに一喜一憂するのではなく、人生を長い目で見て、次にどうするかを考える。この2点がポイントです。

つらいことも嬉しいこともあるのが人生です。だからこそ生きていくということは楽しいものなのです。

感受性の強い自分に誇りを持とう

感受性の強さは良いことでも悪いことでもなく、そういう特徴を持っているというだけの単なる事実です。

肝心なのはその特徴をどのように活かしていくか。感受性が強いことでストレスを抱え、生きづらくなるときもあるかもしれません。ですが、感受性の強さが役立つ場面も多くあります。

自分に備わった貴重な能力のひとつですから、そんな自分に誇りを持ち、特徴をうまく活かしていくように考え方を少し工夫してみてください。その感受性がいつか個性に昇華する日がきっと来るはずです。

(笹氣健治)

※画像はイメージです

元の記事はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ǭ
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • ǭ
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定