ホーム > mixiニュース > 海外 > 日本の治安はまさに世界一、一体どうやって・・・=中国メディア

日本の治安はまさに世界一、一体どうやって・・・=中国メディア

21

2019年11月11日 22:22  サーチナ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サーチナ

写真中国メディアは、「日本の治安が世界一になった理由」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアは、「日本の治安が世界一になった理由」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 英経済誌エコノミストが発表した世界主要都市の安全性ランキング2019年版では、東京が3回連続で1位という結果になった。大阪も3位にランクインしており、日本の治安の良さが際立つ形となった。中国メディアの捜狐は9日、「日本の治安が世界一になった理由」を紹介する記事を掲載した。

 この調査は世界の60都市を対象としており、57の指標を「医療・健康環境の安全性」、「サイバーセキュリティー」、「インフラの安全性」、「個人の安全性」の4つのカテゴリーに分けて分析したものだ。総合で上位の5都市は1位から順に、東京、シンガポール、大阪、アムステルダム、シドニーとなっている。

 記事は、日本の治安が「世界一」となったのは、東京警視庁が世界最大の警察チームで、かの有名なニューヨーク市警察よりも規模が大きいことと関係があると分析。 日本の犯罪率は非常に低く、10年前と比べて半分ほどに減っており、13年連続で減少していると紹介した。殺人率は10万人中0.3人で、米国はその13.3倍となる10万人中4人であり、その低さが際立っていると指摘した。

 また、「暴力団員数の減少」も治安と関係していると分析。日本は社会全体が少子高齢化しているが、暴力団も例外ではなく、若者の構成員が少なくなっていると主張する一方、警察官は十分な数を確保しているため、安全が保たれているという。さらに「派出所」という日本の制度も治安の良さに貢献していると紹介。街のいたるところに派出所があり、警官は定期的にパトロールをしているので安全が保たれていると指摘した。最近では防犯カメラがあちこちに設置されていることも役立っているとしている。

 このほか、日本は都市部と農村部の差が小さく、社会的弱者に対しても一定の保障があるため、社会全体が安定していること、日本社会は良く管理されていて医療保険や失業保険などの制度がきちんとしていることなども、記事は理由として紹介した。こうしてみると、日本は確かに治安が良くて安心感のある暮らしやすい国であると言えるだろう。こうした良い評判はこれからもぜひ保っていきたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

このニュースに関するつぶやき

  • どんな寝言だよ?コソ泥、痴漢、詐欺、暴力、ついでに汚職もた〜くさんあるじゃん。そもそも警察官が率先して犯罪しているんだぜ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 中国や韓国からの窃盗団が減れば、もっと治安は良くなるんだが・・・
    • イイネ!23
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定