ホーム > mixiニュース > コラム > 体重71キロが47キロに…入管収容者の餓死 外国人に人権ないのか?

体重71キロが47キロに…入管収容者の餓死 外国人に人権ないのか?

30

2019年11月12日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真大村入国管理センターの居室。右奥が廊下への出入り口。左奥はトイレ/2019年7月11日、長崎県大村市で (c)朝日新聞社
大村入国管理センターの居室。右奥が廊下への出入り口。左奥はトイレ/2019年7月11日、長崎県大村市で (c)朝日新聞社
 大村入国管理センターで一時的に外に出られる「仮放免」を求めてハンストを行っていた外国人男性が餓死した。背景に何があったのか。AERA 2019年11月11日号に掲載された記事を紹介する。

*  *  *
 自分を傷つけることで「仮放免」を勝ち取ろうとしている。入管庁によれば、6月1日〜9月25日の間に全国で延べ198人がハンガーストライキ(ハンスト)を行い、9月25日時点で36人が継続。ハンストは命の危険を伴う。とうとう、「餓死者」が出た。

 長崎県大村市の大村入国管理センター(大村入管)で6月、ハンストをしていた40代のナイジェリア人男性が死亡した問題で入管庁は10月1日、死因を「餓死」とする調査結果を公表した。入管施設収容中に餓死者が出たのは、全国で初めてだ。

 男性は00年10月に来日し、日本人女性と結婚。窃盗罪で有罪が確定して仮釈放され国外退去処分となった後、16年7月に大村入管に移送された。男性は離婚した日本人女性との間に子どもがいることから、送還を拒否。長期にわたる拘束に抗議し、5月下旬からハンストを始めた。

 大村入管は男性のハンストを把握し、6月初旬まで点滴を施していた。だがその後、男性は治療を拒否して、同月24日に死亡した。71キロあった体重は、死亡時は約47キロしかなかった。男性は過去4回、仮放免を申請していたが一度も認められなかった。なぜか。

 大村入管はこう説明する。

「仮放免を許可しなかったのは、彼は実刑判決を受けていて、現行の運用上、許可することが適当と認められなかった。強制的に治療をしなかったのは、医療倫理上、本人が治療を拒否しているのに治療を行えば、傷害や暴行罪にもなりかねず、できなかった」(総務課)

 大村入管で15年近く面会や礼拝など支援を続ける長崎インターナショナル教会の柚之原寛史(ゆのはらひろし)牧師(51)は、餓死は「非常にショッキング」だったと言う。かつて男性と面会した際、家族との面会を喜んでいた姿が忘れられない、と振り返る。

「長期収容が続く中、多くの収容者が精神的に病んでいる。同じような対応をしていれば、また亡くなる人が出てしまいます」

 いま、柚之原牧師が懸念するのは、入管収容者に対する世間からの差別や偏見だ。入管庁の調査報告書では今年6月末現在、退去強制令書を受けた1147人のうち858人が本国への送還を拒否し、そのうち43%(366人)が過去に薬物や窃盗・詐欺などで有罪判決を受けている。また、仮放免中に逃亡し、所在不明の外国人は、今年6月末時点で332人と5年前の96人から約3.5倍に増えたとある。

 柚之原牧師はこうした実態が、長期収容は「自業自得」「必要」という風潮を生んでいると指摘する。だが、彼らは罪の償いを終えている上、そもそも過去の犯罪と長期収容の問題は全く別の話だ。

「長期収容となる人たちの中には、給料が未払いの技能実習生や、難民として認められずに苦しむ難民申請者もいます。また仮放免中は就労が禁止されているため、中には生活に行き詰まり、犯罪に手を染めてしまう人もいます。再収容されるとわかっていれば逃亡し、所在不明になる可能性が高くなるのではないでしょうか」

 20年以上前から外国人を支援する、マイルストーン総合法律事務所(東京都)の児玉晃一弁護士は、今の入管収容は1941年に成立した改正治安維持法による「予防拘禁」よりひどくなっていると警鐘を鳴らす。予防拘禁とは、再犯の恐れを理由に拘禁を認めた規定で、人権侵害だと非難された。その予防拘禁が41年からの4年間で62件あったのに対し、いま入管に収容されている前科のある外国人は前述のように366人と6倍近く。児玉弁護士は言う。

「数字だけ見ると、現代の方が人権はないがしろにされています。しかも収容の長期化など、治安維持法よりひどいことをさらに拡大しようとしている。仮放免は逃亡の危険がない限り原則として許可するなど、抜本的な政策の見直しが必要です」

 外国籍の人たちの人権をないがしろにし、彼らを「治安対策の対象」としか考えない。そんな社会に未来は創造できない。

(編集部・野村昌二)

※AERA 2019年11月11日号より抜粋

【おすすめ記事】「ゴムはつけたりつけなかったり…」産んでは捨てるを繰り返す夫婦


このニュースに関するつぶやき

  • 外国人でも、罪は罪! しかも、ハンストしたのは本人だから、誰のせいでもなく、自業自得、、、
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ハンストすりゃ〜何かが認められるっつ〜考えがおかし〜んでしょ〜が🤪外国人支援の弁護士さん達は、まずハンストなんつ〜もんが、無駄で無意味である事を教えなさいな🤪
    • イイネ!63
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(25件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定