ホーム > mixiニュース > 社会 > 野党、「桜を見る会」に照準=支出増、首相私物化と追及

野党、「桜を見る会」に照準=支出増、首相私物化と追及

117

2019年11月12日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真「桜を見る会」であいさつして回る安倍晋三首相(中央)=4月13日、東京都新宿区
「桜を見る会」であいさつして回る安倍晋三首相(中央)=4月13日、東京都新宿区
 立憲民主党など主要野党は安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に関し、追及を強めていく方針だ。第2次安倍政権以降、同会には首相の後援会関係者が多数招待されているとの「私物化」疑惑が浮上しており、野党は合同チームを発足させ、徹底調査していく考えだ。

 立憲、国民民主、共産、社民各党は11日の国対委員長会談で、チームの初会合を12日に開くことを確認した。立憲の安住淳国対委員長は記者団に「首相は桜を見る会を後援会活動に使っていた疑いが非常に強い。今後、実態に迫っていきたい」と述べた。

 「桜を見る会」と首相の関係については、共産党が8日の参院予算委員会で取り上げた。野党が入手した内閣府資料によると、同会の支出額は2014年が約3000万円で、今年は約5500万円と増加。参加者も14年の約1万3700人から今年は約1万8200人に膨れ上がっている。

 さらに野党側によると、首相の後援会が同会の前夜に関係者を招いて東京都内で開いた会合に関し、政治資金収支報告書に記載がないという。立憲国対幹部は「首相自身の公職選挙法、政治資金規正法に抵触する大きな疑惑」と指摘する。

 野党はこうした「疑惑」について、森友・加計学園問題のように首相そのものをターゲットにできる材料と見ており、今国会だけでなく来年1月召集の通常国会での追及も視野に調査を進める。

 一方、政府・与党側は問題はないとの姿勢だ。菅義偉官房長官は11日の記者会見で「各界において功績、功労のあった方などを幅広く招待している」と説明した。 

野党国対委員長会談に臨む立憲民主党の安住淳氏(中央)ら=11日午後、国会内
野党国対委員長会談に臨む立憲民主党の安住淳氏(中央)ら=11日午後、国会内

このニュースに関するつぶやき

  • 照準wwwww言ってて恥ずかしくないか?むくげの花を見る会でもヤレや、くるしゅうないぞよwwwwww
    • イイネ!4
    • コメント 1件
  • ま〜たわけわかんね〜こと言ってるスカポンタンがいるなぁ〜🤪「 各府省庁が招待者の候補者を選んで」って言ってるじゃん🤪だいたい「内閣官房」と「内閣総理大臣」はイコールですか!そ〜ですか🤪
    • イイネ!65
    • コメント 11件

つぶやき一覧へ(94件)

あなたにおすすめ

ニュース設定