ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 小野伸二 FC琉球へ移籍の真相

J2のFC琉球へと電撃移籍を果たした小野伸二。移籍の真相、引退の可能性など、すべてを語った

25

2019年11月12日 16:12  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真写真
 今年8月、北海道コンサドーレ札幌からJ2のFC琉球へと電撃移籍を果たした小野伸二。ホームグラウンドを持たない沖縄のクラブで、自らユニフォームを洗濯しなければならないといった厳しい環境下で不惑の年を迎えた。黄金世代を牽引し、欧州でも長らく輝き続けた男はなぜJ2を新天地に選んだのか。電撃移籍の真相から引退の可能性まで、そのすべてを沖縄の地で語った。

◆洗濯してもらえるような環境にしなきゃいけない

――40歳を迎えた今シーズン、北海道から沖縄へとシーズン途中での電撃移籍に驚いたファンは少なくありません。FC琉球移籍はどのような経緯で決まったのでしょうか。

小野:オファーが来たのが、たまたま最南端の沖縄だったということですね。今の自分にとって“話が来たこと”に意味があるんだと感じています。FC琉球はJ3からJ2へ上がってきて、今年はJ2に残留するというのが大きな目標です。自分が今までやってきた経験などを若い選手たちに伝えることも、自分に求められる役目だと思っています。

――そのFC琉球は、J2昇格、そして開幕からは4連勝、小野選手の加入もあり盛り上がっています。

小野:沖縄をサッカーで盛り上げることも僕の役目じゃないかと。イベントにも参加したりして、もっともっと沖縄のサッカー人気を広げていければと思いますね。

――小野さん自身の目標はあるのでしょうか。

小野:僕自身、沖縄に来て間もないのでJ2残留を目標にとにかく結果を出さなきゃいけない。今シーズンも精いっぱいやりますが、僕自身、本当の勝負は来年だと思ってます。

――正直、40歳というのは体力的な衰えを感じてくる年齢だと思います。

小野:僕自身は、別に40歳だろうと45歳だろうとどうでもいいんです。だって、カズさんもまだやってるじゃないですか。僕らが40歳でどうのこうの言っている場合じゃないですよ。体力が……なんて考えず、もっともっとやれるということを証明していきたいなと。

――北海道コンサドーレ札幌からホームグラウンドを持たないFC琉球に移籍して環境や待遇面でも大きく違う部分があると思います。戸惑いはありましたか。

小野:正直、今の環境は、今まで経験してきたところと比べるとひどいと言えばひどい(笑)。僕なんか恵まれたところから来たので、余計にギャップを感じてしまうけど、もともといる選手たちからすると、いろんな苦労を経て今があるのだから、それを「ひどい」という一言では片づけられない。

――練習場も日替わり、ユニフォームの洗濯もご自身でやらなければいけないと聞きます。

小野:話には聞いていましたが、実際にやってみると最初は大変でした。でも、新鮮というか、新しい発見もあって楽しんでやっていますし、こういう経験があるから上を目指せるんじゃないかとも思います。専用のクラブハウスを持って、洗濯してもらえるような、プレーだけに集中できる環境に早くしなきゃいけない。そのためには強くならなきゃいけない。そして、このFC琉球でプレーしてよかった、携わってよかったと思えるチームになればいいんじゃないかと思います。

◆日の丸を一緒に背負った同期たちの存在

――サッカー選手にとって40歳は大ベテランです。否応なく、引退、その後の人生という言葉がよぎります。

小野:先のことなんか考えてないです。指導者とかも今は頭にないし、引退の文字なんかちらついたこともない。今はサッカーをやるだけですから。20代の選手と一緒にいると、「俺、おっさんだな」って思うこともありますが、別に悲観的な感じでもなく、年齢は40歳だけどサッカーが好きだという気持ちは変わらない。それでいいんじゃないかって。

――黄金世代の同期が次々とグラウンドから離れています。同世代の選手たちの動向は気になりますか。

小野:気にならないと言ったら嘘になりますが、J1では遠藤保仁(ガンバ大阪)、曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)、J2には南雄太(横浜FC)、J3は稲本潤一(FC相模原)、そして下部リーグでは沖縄SVの高原直泰が頑張っています。それぞれに活躍しているのを見たらやっぱり嬉しいし、負けられないなって。それに加えて、上の世代の中村俊輔さんやカズさんも、まだまだ現役。もっともっとやんなきゃいけないという気持ちは芽生えますよね。

※11/12発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです

【小野伸二】
79年、静岡県沼津市出身。’93年にU-16日本代表に選出。その後も各年代の代表として活躍。清水商業卒業後は浦和レッドダイヤモンズに入団。その後、オランダ、ドイツ、オーストラリアのチームを渡り歩き、今年8月に北海道コンサドーレ札幌からFC琉球へ移籍

取材・文/松永多佳倫 撮影/赤松洋太

このニュースに関するつぶやき

  • 浦和に帰ってきてくれないかなー。巧い選手はたくさんいるけどこんなに心底楽しそうにプレーする選手ってなかなかいないよね。見てて幸せな気持ちになるもの。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 40歳ですか!沖縄で若者たちと頑張ってください。
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定