ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 高橋愛、夫・あべこうじに苦笑い「私より結構女子力の高い旦那さん」

高橋愛、夫・あべこうじに苦笑い「私より結構女子力の高い旦那さん」

0

2019年11月12日 20:20  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

仏化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社の敏感肌のためのスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」は、女優・モデル、モーニング娘。OGの高橋愛と、皮膚科医の友利新氏をメインパーソナリティに迎え、肌疾患・肌悩みを持つ方に寄り添い、ゲストや視聴者と共に「敏感肌の肌悩み」と向き合うコミュニティ型Instagram 番組『#MySkinStories』を、皮膚の日である11月12日より毎週火曜日の19:00から3週連続で放送する。今回は、本日11月12日に実施された、高橋愛、サバンナ高橋茂雄、友利新氏、武智志穂が登壇した『#MySkinStories』番組発表会のレポートをお届け。

高橋愛はかつて、25歳が曲がり角という言葉を気にしてネガティブに悩んでいたものの、30代から「まあいっか、めんどくさい、悩むの!」と思いたち、気にせず楽しむことを意識したところ、肌を褒められるようになったと嬉しそうに答えた。武智も、20代後半ごろは特に肌を見るたびにテンションが下がってしまったというが、「日々の積み重ねが大事」と20歳の頃から毎日欠かさずシートパックをしてコツコツと美肌をキープ。若い頃から肌ケアに対する意識の高さにゲストもびっくり。

各々の「肌習慣」を発表するシーンでサバンナ高橋は、季節の変わり目が来るたびに、今田を筆頭とした肌弱い芸人たちが集まるとよく肌について語り合い悩みを打ち明けあうという。また、敏感肌を気にしすぎた結果、肌に刺激を与えないため、15年間ノースキンケアを貫いていると自信たっぷりに告白。昔メイクさんに肌がピリピリするにも関わらず化粧品を擦られ、叩きこまれていたことから、ノーメイクにこだわり、スキンケアも同じく行わない習慣を決意したという。これに対し友利は「ダメ肌習慣」と厳しく判定。UVケア、保湿などのスキンケアは必須と指摘する友利に、サバンナ高橋は「保湿を義務教育にしてくれ」と嘆いた。

家庭でのスキンケア事情について、高橋愛は夫あべこうじについて「私より結構女子力の高い旦那さんなので珍しいと思います」と、気づいたら自分の化粧品を使っている夫に苦笑いした。


■Instagram番組『#MySkinStories』
放送日:1st Story 2019年11月12日(火)19:00- OA
    2nd Story 2019年11月19日(火)19:00- OA
    3rd Story 2019年11月26日(火)19:00- OA
メインパーソナリティ:高橋愛、友利新


    あなたにおすすめ

    ニュース設定