ホーム > mixiニュース > トレンド > 大戸屋、上場後初の営業赤字

大戸屋、上場後初の営業赤字=値上げで客離れ―9月中間決算

63

2019年11月12日 21:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 定食チェーンの大戸屋ホールディングスが12日発表した2019年9月中間連結決算は、営業損益が1億8700万円の赤字(前年同期は1億700万円の黒字)に転落した。中間決算の営業赤字は、01年のジャスダック(当時は店頭市場)上場以来初めて。

 春先に一部メニューを値上げしたことが顧客離れを招いたほか、秋の恒例メニュー「生さんまの炭火焼き定食」(980円)の発売がサンマの不漁で大きくずれ込んだことも響いた。 

このニュースに関するつぶやき

  • それが原因だろうか。。。やはり従業員による「不適切動画」が原因なのでは。。。 正直自分もそれが理由で足が遠のいている。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • サンマ売ることが出来たとしても今期は赤字だったと思う。
    • イイネ!36
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(50件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定