ホーム > mixiニュース > コラム > 【衝撃】インフルエンザにかかった人の約2割が「治る前に出勤した」 / 休みたくても休めないのはハラスメントのせい!?

【衝撃】インフルエンザにかかった人の約2割が「治る前に出勤した」 / 休みたくても休めないのはハラスメントのせい!?

1

2019年11月13日 06:51  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

これからの季節、風邪はもちろん、インフルエンザにかからないよう気をつけたいもの。昨年2018年は全国的に大流行しましたものネ……。

そんな中、インフルエンザにまつわる驚きの調査結果が報告されました。

養命酒がビジネスパーソンを対象に行った「風邪・インフルエンザ予防」調査によると、昨年の冬にインフルエンザにかかった人のうち、なんと22.1%もの人たちが治る前に出勤していたことがわかったんです。

【女性のほうが「休まず出勤」する割合が多い】

養命酒がビジネスパーソンを対象に行った「風邪・インフルエンザ予防」調査の対象となったのは、全国の20歳〜59歳の男女1000名。

この調査によると、昨年の冬にインフルエンザにかかった人のうち、「完全に治る前に出勤した」と回答した人は18.9%。「休まず出勤した」と回答したのは3.3%で、合計すると2割以上の人たちが治る前に出勤しているではないですか……。

インフルエンザが治る前に出勤した人の多さに驚くと同時に、「休まず出勤した」と回答した人の割合が女性のほうが多い(男性1.6%、女性5.1%)点も印象的です。

【休めない理由は「インフルエンザ・ハラスメント」?】

心配になってしまう数字ですが、会社に行く人たちには「休めない理由」があるよう。

今回の調査で明らかになったのは、インフルエンザを理由にした嫌がらせ “インフルエンザ・ハラスメント” を職場で受けたことがある人が、約4%いるということ。

インフルエンザ・ハラスメントの内容はなかなかヘビーで、

「休ませてもらえなかった」(20代女性)
「出社したら1日中嫌味を言われた」(40代女性)
「インフルエンザと認めてもらえなかった」(50代男性)

などなど、読んでいるだけで心苦しくなるものばかり。言葉によるハラスメントもすさまじく

「仮病じゃないの?」
「自覚はないのか。みんなが迷惑してるんだけど」
「なんだったらこのままずっと休むか?」

とまで言われた人も……。インフルエンザで体が弱っているのに、心まで傷つけるだなんて、あまりのことに言葉が出ません。

【休める環境を作ることも大切】

こうした現状があるのでは、「休みたくても休めない」と思ってしまう気持ちもよくわかります。

しかし、インフルエンザにかかった場合、一般的に出勤してよいとされるのは、“発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過してから”。当然、インフルエンザが治る前に出社を強要すれば、集団感染の危険性も高まります。

インフルエンザ予防だけでなく、早急に「みんなが安心して休める環境作り」をするべきなのかもしれません。

参照元:プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:ぱくたそ

画像をもっと見る

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定