ホーム > mixiニュース > 地域 > 逃走被告潜伏先に開錠用具=手錠外しに使用か―大阪

逃走被告潜伏先に開錠用具=手錠外しに使用か―大阪

2

2019年11月13日 19:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 大阪府東大阪市内で大阪地検が護送中の車から大植良太郎被告(42)=大麻取締法違反罪などで公判中=が逃走した事件で、大植被告が一時潜伏した大阪市住吉区内の住宅から、ピッキングなどに使う開錠用具19本が押収されていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。地検と府警は、同被告の手錠を外すために使われた可能性もあるとみて、引き続き手錠を捜索している。

 捜査関係者によると、この住宅は知人の荻野侯昇容疑者(37)=犯人蔵匿容疑で逮捕=が借りていた。住宅からはごみ箱に入った開錠用具のほか、鉢に入った大麻とみられる植物500株超も見つかり、府警が鑑定を進める。便器の中には、大植被告の腰縄とみられる縄が6本、切断された状態であった。 

このニュースに関するつぶやき

  • 逃走被告潜伏先に開錠用具 …こんな事もあろうかと…って?用意周到だなオイ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この人も、大麻中毒症に冒された方だったか。^^元気いっぱいですね。すぐ疲れるようだけど。
    • イイネ!3
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定