ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > プジョーがル・マンに復帰へ

プジョーがル・マンに復帰! 2022年からハイパーカーでのWEC参戦を表明

11

2019年11月14日 00:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2011年にエストリルでテストを行ったプジョー908 HYbrid4。2012年のWECに登場するはずだったがプジョーのLMP1撤退によりお蔵入りに
2011年にエストリルでテストを行ったプジョー908 HYbrid4。2012年のWECに登場するはずだったがプジョーのLMP1撤退によりお蔵入りに
 フランスのプジョーは11月13日、公式Twitter上で2022年からハイブリッド搭載のハイパーカーで、WEC世界耐久選手権に参戦すると発表した。詳細は2020年に発表される予定だが、2009年までプジョー908 HDi FAP以来のル・マン24時間復帰となる。

 2020-2021年シーズンから、ル・マン24時間を中心としたWEC世界耐久選手権では、最上位カテゴリーがこれまでのLMP1に代わって、市販スーパースポーツをベースとしたハイパーカー規定に変更される。すでにLMP1から継続してTOYOTA GAZOO Racingが参戦を表明しているほか、アストンマーティンがバルキリーでの参戦を明らかにした。

 そんななか、これまでも噂に上がっていたプジョーがハイパーカーの3メーカーめとしての参戦をSNSで表明した。

 Twitterには、「ハイブリッドを搭載したハイパーカーで2022年からWEC世界耐久選手権への参加を表明できたことを誇りに思う。詳細は2020年初頭にお知らせする」とのみ触れられており、詳細は今後明かされるとしている。

 このツイートには、WECやTOYOTA GAZOO Racing、さらにアストンマーティン、さらに現FIA会長で、プジョー905での参戦時に監督を務めたジャン・トッドも歓迎の意向を示した。参戦まではまだ時間があるが、フランスメーカーの参戦表明はWECにとってはこれ以上ない朗報といえそうだ。

このニュースに関するつぶやき

  • C2クラスのセカテバ・プジョーがユノディエールで記録した最高速度405劼賄時衝撃受けましたね!EV車ならそれ以上狙えるが改修コースは全開2分は不可能ですしね。ル・マン復帰イイね♪
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 2022年かぁ(-_-;)遠いなぁ
    • イイネ!10
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定