ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 矢田亜希子、『モトカレマニア』で新木優子と3作連続共演 「楽しい現場を過ごせました」

矢田亜希子、『モトカレマニア』で新木優子と3作連続共演 「楽しい現場を過ごせました」

0

2019年11月14日 05:11  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『モトカレマニア』(c)フジテレビ
『モトカレマニア』(c)フジテレビ

 矢田亜希子が、11月14日放送の『モトカレマニア』(フジテレビ系)第5話で、17年ぶりに木曜劇場ラブストーリーに出演することがわかった。


 本作は、“女子あるある”をリアルに描くことに定評がある瀧波ユカリが、現在『Kiss』(講談社)にて連載中の同名コミックを原作とした、元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語。新木優子と高良健吾が主演を務める。


【写真】『モトカレマニア』矢田亜希子と新木優子


 矢田が演じるのは、人気草木染め作家の蓮沼桃香。新木演じる難波ユリカと山口紗弥加演じる丸の内さくら、田中みな実演じる来栖むぎが、偶然温泉旅館で知り合うことになる。桃香は、自然体でサバサバとして明るく、きれいとかわいらしさの両方を兼ね備えている大人の女性。一見、完璧そうに見える桃香にも離婚というつらい過去がある。


 矢田がフジテレビ木曜劇場のラブストーリーに出演するのは、『恋のチカラ』(2002年1月クール)以来17年ぶり。また、新木とは、『SUITS/スーツ』『トレース〜科捜研の男〜』に続いて3作連続での共演となる。


■矢田亜希子 コメント
・出演が決まった感想
3話までを見させていただいて、私がどんな風に物語に絡んでいくのかという楽しみがあります。皆さんがそれぞれマニアという設定なので、私は何マニアなんだろうと思ったら、まさかのマニアで……。(笑)


・蓮沼桃香という役について
私の役は、サバサバしていて明るく、物事をはっきり言えて誰にでも頼られるような存在の女性なのですが、実は闇の部分も持っていたりして……こんな感じの役柄は初めてなので楽しみです!


・現場の雰囲気
(新木)優子ちゃんとは、たまたま3作連続(『SUITS/スーツ』、『トレース〜科捜研の男〜』)でご一緒できて、(山口)紗弥加ちゃんとは10代の頃からの仲で、(田中)みな実ちゃんとはバラエティーでご一緒させてもらうことはあったんですが、“女優”みな実ちゃんとは初めてで、今回こうやって皆さんと共演できてとてもうれしいです。昨日と今日はたまたまシーンが一緒だった女子4人とは空き時間にずっとお喋りして楽しい現場を過ごせました。


・『恋ノチカラ』(2002年1月クール)以来、17年ぶりのフジテレビ木曜劇場のラブストーリーへの出演について
なんだか感慨深いですね。あの頃は一番年下で若くて恋に悩むOL役でしたので、それが今では年齢も上になり、バツイチ役を演じるというのは時の流れを感じますね(笑)。『白い巨塔』(2003年10月〜2004年3月)のスタッフも現場にいるので、さらに月日がたったことを感じます。またこうやって木曜10時の枠に戻ってこれるのはとてもうれしいです。


・視聴者へメッセージ
5話から桃香という新しいキャラクターが登場します。旅館でユリカと出会ってその後、多分チロリアン不動産にも顔を出すかと思います。今後の新たなる展開を是非お楽しみ下さい!


(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定