ホーム > mixiニュース > トレンド > パブロ運営会社のショコラ専門店が唯一の店舗閉店、半年でブランドを休止

パブロ運営会社のショコラ専門店が唯一の店舗閉店、半年でブランドを休止

0

2019年11月14日 16:02  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真パックザック公式サイトより
パックザック公式サイトより
 チーズタルト専門店「パブロ(PABLO)」を運営するドロキア・オラシイタが手掛ける「ザクザクとろけるショコラ専門店 パックザック」が、唯一の店舗であるエキア池袋店を閉店し、ブランドを休止する。最終営業日は11月17日。
【オープン時の記事】チョコ×ビスケットの新スイーツ「ザクザクとろけるショコラ専門店 パックザック」誕生

 同店は、ショコラと香ばしいキヌアのパフを混ぜ込んだビスケットを重ねたスイーツ「ザクザクとろけるショコラ」などを販売するブランドで、今年6月12日にエキア池袋店がオープン。10月30日から11月5日までは銀座三越の期間限定イベント「TOKYO TEMIYAGE」にも出店していた。約半年でブランド休止に至った理由は非公開だといい、跡地には同社が運営するタピオカチーズティーのドリンクスタンド「タピチ(TAPICI)」を12月に出店する予定だという。
 なお、ザクザクとろけるショコラ専門店 パックザックの出店前は、同所で生どら焼き専門店「ドウ(DOU)」が2017年5月25日から2019年4月8日までの約2年営業し、現在はブランドを休止している。
■ザクザクとろけるショコラ専門店 パックザック エキア池袋店閉店日:2019年11月17日(日)住所:東京都豊島区西池袋1-1-21 東武池袋駅構内地下1階公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定