ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > Czecho No Republic・タカハシマイ、武井優心について語る

Czecho No Republic・タカハシマイ、武井優心について語る

0

2019年11月14日 18:00  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。11月10日(日)のオンエアでは、Czecho No Republic・タカハシマイが登場。7月に結婚した、同バンドメンバーである武井優心について語った。

この記事の放送回をradikoで聴く



■小さいころはどんな子どもだった?

Czecho No Republic のギター・ シンセサイザー・ボーカルを担当するタカハシは、音楽活動以外にもテレビ番組のMCやファッションモデル、舞台に出演など幅広く活躍中。タカハシは幼少期の自分について語った。

タカハシ:小さいころは目立ちたがり屋で、親や友だちに「変顔」をしまくっていました。笑ってくれるのが好きだったというか……。とにかく明るく破天荒な子どもだったと思います。でも、高校生ぐらいのときから反抗期が始まって、そういうのはなくなりましたね(笑)。


■武井優心は「よきパートナー」

同バンド内の武井優心と2019年7月7日に結婚したタカハシ。2人の現在の関係性について語った。

タカハシ:恋人っていう感じよりかは、よきパートナーって感じです。お客さんに発表してからも「本当に結婚したんですか?」みたいな感じの反応があって。
吉岡:はたから見ていると、音楽仲間としての関係性に見える?
タカハシ:けっこう自然体で“恋人っぽくなさ”が出ているのかな(笑)。
吉岡:(笑)。タカハシさんがカッコいいし、男前な感じがするからかな?
タカハシ:確かに私のほうが男っぽい気がします!
吉岡:改めて、武井優心さんはどういう存在ですか?
タカハシ:1つの目標を掲げてバンドをやっていく上で、中心人物というか。私にない部分をすごく持っているんですよね。だからすごく好きです。(武井は)すごく子どもな感じで、やりたいことに対して素直なんですよ。だから喧嘩もするし、ぶつかることも多いんですけど、嘘がなくって。そこが、いいですね。



■バンドメンバーに対する思い

続けてタカハシは、メンバーの砂川一黄と山崎正太郎に抱える思いについても語った。

吉岡:バンドってどういう存在ですか?
タカハシ:メンバーの砂川一黄と山崎正太郎は、“兄”のような存在なんですよ。すごく一緒にいて楽だし、長くやっているからっていうのもあると思うんですけど、なんでも話せる存在というか。私のことも理解してくれているので、“家族”みたいな感じですね。

『UR LIFESTYLE COLLEGE』では、心地よい音楽とともに、よりよいライフスタイルを考える。オンエアは毎週日曜18時から。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時:毎週日曜 18時-19時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定