ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 紅白歌合戦、日向坂46初出場で三坂道の共演実現

紅白歌合戦、日向坂46初出場で三坂道の共演実現

0

2019年11月14日 18:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

12月31日放送の『第70回 NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、日向坂46が結成3年で初出場を叶えた。

今年の初出場は、白組がKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnu、紅組がLiSA、Foolin、日向坂46の8組。出場歌手は41組。


今年の紅白歌合戦、総合司会を内村光良とともに務める和久田麻由子アナウンサーの進行で会見が進み、報道陣の前に掛かった白い幕が落ちると、晴れやかな表情と緊張がないまぜになったKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、LiSA、Foolin、日向坂46が姿を現した。

けやき坂46として結成され、今年改名した日向坂46が念願の初出場を決めた。デビュー曲『キュン』『ドレミソラシド』『こんなに好きになっちゃっていいの』が立て続けに大ヒット。“ひなた”のような優しい明るさで破竹の勢いの彼女たち。会見には齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、東村芽依、松田好花、金村美玖、佐々木美玲、渡邉美穂、高本彩花、佐々木久美、富田鈴花、丹生明里、上村ひなの、河田陽菜、高瀬愛奈、潮紗理菜、宮田愛萌が揃って臨んだ。

初出場の知らせに佐々木久美は「今回初出場させていただいて本当にありがとうございます。紅白歌合戦は私もですし、メンバーもみんなずっとおうちで観ていてたくさんパワーをもらっていた番組なので、そんな紅白歌合戦に自分たちが出演者の一員として出させていただけるのはとても光栄です。また、ずっと応援してくださっていた家族やファンの皆さんに恩返しができるよう、精一杯パフォーマンスができるよう頑張ります」とあいさつ。

今回、乃木坂46、欅坂46の坂道グループ3組が揃って出場が決まったことについては「坂道グループとして紅白歌合戦に先輩方と同じステージに立てるというのは、すごく光栄ですし嬉しいことです。でも坂道組の1グループではなく、“日向坂46”として世間の方に知っていただけるようなパフォーマンスをしたいなと思っています。私たちは結成は3年ほど経つのですが、デビューは今年で、まだ1年経っていないので、フレッシュさを出していけたら」と、ほかの坂道グループとは違うアプローチを示唆し、大舞台で思い切り楽しむのことを誓った。

坂道3グループが初めて揃う、今年の紅白歌合戦。それぞれの個性を切磋して、日本国中に元気を与えて欲しい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定