ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 米津玄師プロデュース「パプリカ」英語ver.が誕生 英語ネイティブユニット Foorin team Eも結成

米津玄師プロデュース「パプリカ」英語ver.が誕生 英語ネイティブユニット Foorin team Eも結成

0

2019年11月14日 18:02  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真Photo by Takako Noe
Photo by Takako Noe

 英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team E(フーリン・チームイー)がオーディションによって結成。米津玄師プロデュース「パプリカ」の英語詞となる「Paprika」が誕生した。


(参考:米津玄師「パプリカ」セルフカバー評:幅広い世代を虜にするアレンジャーとしての手腕


 今年8月には、作詞・作曲・プロデュースを担当した、米津玄師が「パプリカ」のセルフカバーを発表。海外からも反響が届くなか、一緒に「パプリカ」を歌い踊ることで、「日本のこども達から、世界のこども達へ、大きな輪をひろげていきたい」という思いから、今回英語バージョンが制作されたという。


 Foorin team Eによる「Paprika」の初披露は、11月19日にNHKホールにて開催される『ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO』に決定。さらに『第70回紅白歌合戦』(NHK系)にFoorinと共に初出場が決定した。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定