ホーム > mixiニュース > トレンド > 飲料とコラボした“紙おむつ”自販機の設置開始

飲料とコラボした“紙おむつ”自販機の設置開始

0

2019年11月14日 18:36  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
セコム医療システム、ダイドードリンコ、大王製紙の3社は、子育て世代が紙おむつの心配をすることなく外出できるよう、ベビー用紙おむつの小パック(2枚入り)が購入できる、飲料とコラボした自動販売機の設置を開始した。販売する紙おむつは大王製紙の「GOO.N(グ〜ン)2 枚入り」(パンツタイプMまたはL)で、価格は220円。

その他の大きな画像はこちら



昨年9月、国土交通省から高速道路のサービスエリアや「道の駅」における子育て応援の今後の取組方針として、高速道路会社や地方自治体と連携しながら、子育て応援施設の整備を加速していくことが発表された。取組方針では、全国の高速道路のサービスエリア(220か所)、国が整備した「道の駅」(269か所)を子育て応援の重点整備箇所に指定し、「24時間利用可能なベビーコーナーの設置」「妊婦向け屋根付き優先駐車スペースの確保」「おむつのばら売り」「施設情報の提供」といった機能を整備していくとしている。

それを受け3社では、取組方針の一つである「おむつのばら売り」を推進し、子育て世代を応援するための取り組みを共同でスタート。茨城県潮来市の協力のもと、重点整備箇所にも指定されている道の駅「いたこ」に紙おむつ自動販売機第1号機の設置をした。

今後は、高速道路のサービスエリア、「道の駅」をはじめ、商業施設・公共施設等に紙おむつ自動販売機の設置を進め、子供連れでも気軽に外出しやすい環境づくりに貢献し、子育て世代を応援していくという。

飲料とコラボした自動販売機では、長方形にパッケージされた紙おむつを円柱状に丸める必要がある。紙おむつ本来の機能を損なわずに、また自動販売機からスムーズに搬出できるような包装形態(※特許出願中)を開発した。なお、この包装した紙おむつは、自動販売機の製造メーカーによる搬出試験をクリアしている。

自動販売機の保守や飲料及び紙おむつの補充は、ダイドードリンコが40年以上にわたる自動販売機の管理・運営で培ったノウハウを活かし、「フルサービス」で対応していく(※使用済み紙おむつの回収はしない)。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20191157129.html


    あなたにおすすめ

    ニュース設定