ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > さんま、関西若手芸人100人とトーク 月収100万超えの若手芸人にスタジオ悲鳴

さんま、関西若手芸人100人とトーク 月収100万超えの若手芸人にスタジオ悲鳴

0

2019年11月14日 19:22  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真18日に放送されるバラエティー番組『痛快!明石家電視台』の模様(C)MBS
18日に放送されるバラエティー番組『痛快!明石家電視台』の模様(C)MBS
 18日に放送されるMBSのバラエティー番組『痛快!明石家電視台』(毎週月曜 後11:56)では、新企画「さんちゃん芸人牧場 イチバンは誰だ」の第2弾を放送。関西の若手芸人100人がスタジオに大集合し、事前に実施したアンケートをもとにさまざまな“イチバン”が発表される。

【写真】地元テレビ局への訪問、脳ドックなどを行ったさんま

 番組では、吉本新喜劇座員30人と漫才劇場で活躍中のメンバー70人にアンケートを実施。最初のイチバンは「先月のギャラ、イチバン稼いだのは誰だ?」。前回のギャラ1位は、からし蓮根・杉本青空の47万2333円で若手は大騒ぎとなったが、今回トップの芸人の給与明細を見た明石家さんまは「はーっ!」と超引き笑いをしてしまう。

 「これまでの最高月収」のイチバン芸人には、なんと月額100万円超えの芸人が登場。芸歴14年で、驚きの金額を稼いでいることから、ほかの芸人からは悲鳴が上がる。「貯金額、イチバン多いのは誰だ?」では、前回明かされた吉本新喜劇の今別府直之の600万円をはるかに超える芸人が現れ、さんまも思わず「ホンマ!?」と驚く。

 自己アピールコーナー「自己申告イチバン!○○なら負けません!」では、さまざまな芸人たちが、さんまに見てもらいたいというネタを披露。スポーツ選手の一瞬を捉えた形態ものまねを披露する若手コンビには、さんまも大笑い。NSC(吉本総合芸能学院)を首席で卒業したという芸歴1年目の若手が披露する旬のラグビーネタも飛び出し、スタジオは大いに盛り上がる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定