ホーム > mixiニュース > トレンド > 裏原系ストリートブランドの元祖「マックダディー」が自己破産、負債総額は約4億円

裏原系ストリートブランドの元祖「マックダディー」が自己破産、負債総額は約4億円

0

2019年11月15日 14:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真マックダディーの公式サイトより
マックダディーの公式サイトより
 裏原系アパレルブランド「マックダディー(MACKDADDY)」を運営するマックダディーが10月31日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債総額は約4億円。

 マックダディーは「ア ベイシング エイプ®(A BATHING APE®)」や「ステューシー(STÜSSY)」とともに1990年代の裏原ブームを牽引したブランドの一つ。2003年には原宿に「HEIGHT TOKYO」をオープンし、その後京都や大阪にも店舗を構えていた。複数メディアの報道によると現在は全店舗を閉店。オンラインでの販売にシフトしていた。
【あわせて読みたい】日本撤退の「フォーエバー 21」が全店舗閉店、最終日は全品50円で販売

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定