ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > J1昇格を決めた柏の転機。指揮官は「人に強く」と言い続けた

J1昇格を決めた柏の転機。指揮官は「人に強く」と言い続けた

1

2019年11月17日 14:02  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 11月16日、町田市立陸上競技場。スタジアムの一角を照らす落陽が、柏レイソルのJ2優勝、J1昇格を祝福していた。”太陽王”というクラブ名のとおりと言ったところか。

「降格させたチームをJ1に戻すのが自分の使命だった。レイソルはJ1にふさわしいチーム。今は充実感を覚えている」

 柏のエース、クリスティアーノは訥々(とつとつ)と語った。安堵した様子だったのは、その道のりが平坦ではなかった証左だろう。

 柏はいかにして1年でJ1に戻ってこられたのか?

「J2優勝確定」

 今シーズンの開幕前からそう言われるほど、柏は昇格の絶対的な本命だった。日本代表GK中村航輔など多くの主力が残留し、戦力の優位は明らか。昇格請負人であるネルシーニョが5年ぶりに監督に就任したこともあっただろう。事実、2月末の開幕から4連勝でスタートした。

 ところが、4,5月にかけては5試合勝ちなし(1敗4分け)ということも。その後も、引き分けが多く、勝ちが先行しない。6月、第17節の愛媛FC戦はアウェーながら3−1と敗れ、順位は6位に低迷していた。

「人に強く(いけ)」

 ネルシーニョ監督は念ずるようにそう言い続けていたという。「局面で勝利することによって、全体で勝利する」。難しい戦術は導入していない。1対1での強度だけを高め、厳しい姿勢で甘えを許さない。得点したブラジル人も、守備をさぼると叱りつけたほどだ。

 そして愛媛戦の後のアビスパ福岡戦、チームに変化が見られる。

「今シーズンのターニングポイントはアビスパ戦ですね」

 そう語った柏のFW江坂任(あたる)は、福岡戦で自身が値千金の1点を決めている。

「相手に先制されてリードされ、終了間際に追いつきました。チームとしてあきらめずに戦って、そこから連勝することができたんです。(序盤は)取りこぼしが続きましたが、最後で勝ち切る試合をすることで、チームとして勢いになったのかなと」

 粘り強い戦いが自信となって、重ねた勝利が確信につながった。第19節のジェフ千葉戦からは破竹の11連勝で、下馬評通りの強さを示した。 

「(ネルシーニョ)監督のもと、選手ひとりひとりがハードワークしたことがこの結果につながったと思います。すごく苦しいシーズンでしたが、団結することで乗り越えられました」

 町田ゼルビア戦後、あわただしく代表へ帯同したGK中村は、シーズンを簡潔に振り返った。
 
 選手が局面で力を出し切る状況になると、柏は他を圧倒している。

 優勝を決めた第41節、町田との一戦は象徴的だった。まず、キックやコントロールの質で差を見せつけた。開始わずか5分で0−2とリードした。

 1点目、瀬川祐輔のミドルシュートは、町田のクリアが甘く、セットプレーのポジショニングが悪かったこともあるが、強さも精度も光った。2点目はクリスティアーノの打点の高いヘディングシュートだけでなく、折り返しのヘディングでも相手を寄せ付けていなかった。”カテゴリーの差”を感じさせた。

 後半は相手のペースになりかけ、決定機を与えている。そこで立ちはだかったのが、GK中村だった。至近距離からのシュートを、右腕、左腕一本で連続セーブ。それでも表情を変えず、役者の違いを見せた。

「今シーズンは難しい試合が多かった。序盤はうまくいかず、中盤になって、自分たちが進むべき道を見つけ、確立することができた。率直にこの結果がうれしい」

 指揮官であるネルシーニョは、町田戦後に語っている。  

「選手が指示を忠実に実行してくれた。(2010年にJ2で優勝した時と)唯一の違いは、J2のレベルが全体的に上がった点。インフラや運営など、どのクラブもレベルが高くなっている。リーグ全体が底上げされたことは、10チーム近くが昇格プレーオフを争っていることでもわかるはずだ」

 それでも、ネルシーニョがよりどころにしたのは、基本となる「人に強く」だった。戦力的に上なら、個人が負けない限り、チームも負けない。簡単なロジックだ。

 J2では、単純な技量で相手を上回った。1対1が鍛え抜かれたことで、攻守の強度も増した。クリスティアーノの3点目は、実にネルシーニョ柏らしかった。

 何度かクリアの応酬が続き、裏に蹴ったボールに対し、左サイドでマテウス・サヴィオがボールをキープ。右足でファーへクロスを送ると、クリスティアーノがマーカーを振り切り、豪快にヘディングシュート。攻守の強度で一歩も引かず、1対1の局面を勝利し、得点につなげたのだ。

 では、柏は2010年に昇格した時のように、いきなりJ1で優勝する力を身につけたのか――。

「今シーズンは、”J1で戦えるのか”を常にイメージしながらプレーしてきました。まだまだ精度を上げないと。やることは変わりませんが、意識してやらないといけない」

 柏の攻撃をけん引した江坂の言葉である。陽はまた昇るのだろうか。

このニュースに関するつぶやき

  • J9って知ってるかい?昔、太陽系で粋に暴れまわったっていうぜ。今も世の中荒れ放題、ボヤボヤしてると後ろからバッサリだ。どっちもどっちも、どっちもどっちも!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定