ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > Da-iCE「AGESTOCK2019」大トリで圧巻ライブ クリスマスの予定も語る

Da-iCE「AGESTOCK2019」大トリで圧巻ライブ クリスマスの予定も語る

0

2019年11月18日 06:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真Da-iCE(C)モデルプレス
Da-iCE(C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/11/18】ダンス&ボーカルグループDa-iCEが17日、TOKYO DOME CITY HALLで開催中の『AGESTOCK2019 in TOKYO DOME CITY HALL』に出演した。

【写真】Da-iCE和田颯、女装姿が“ドーピング的可愛さ”と話題

イベントのトリを飾ったDa-iCE。オープニンVTRが流れるとファンの黄色い声援が会場を包み、5人の登場でさらなる盛り上がりを見せた。

スタートから『FAKE ME FAKE ME OUT』『イチタスイチ』『FAKESHOW』の3曲を立て続けに披露。花村想太のファルセットに心を掴まれたかと思えば、大野雄大のストレートな歌声が違う角度から芯に迫り、ステージに目を向ければ5人の妖艶かつ激しいダンスに魅了されるステージングを展開した。

MCでは初Da-iCEの人にも、ファンの人にも丁寧に挨拶。その後はバラードの『恋ごころ』で、前半とは打って変わってしっとり聞かせるパフォーマンスで会場を魅了した。

そして、“原点回帰“をテーマに工藤大輝が作詞作曲を手掛けた新曲『BACK TO BACK』で、またしても熱狂が充満。ラストの『TOKI』まで一気に駆け上がり、勢いそのまま大団円を迎えた。

◆Da-iCE、クリスマスは…?

終演後には5人で囲み取材に応じ、イベントを学生が企画運営していることについて、工藤大輝は「熱量を感じました。プロとイベンターさんと遜色ない、それくらいの勢いを感じました」と絶賛。今年の活動を振り返る場面では「ツアーが長い期間があったので激動で、気づいたら年末でした。ほとんどライブをしていた感覚ですね」としみじみ語った。

また、迫るクリスマスが話題にあがると「クリスマスは毎年メンバーで過ごしているんですよ」(大野雄大)とイベントだといい、「仕事の後は?」と聞かれた際には、岩岡徹が「すぐ帰ります!」と即答。「一杯ぐらい行きません?」と食い下がるメンバーだったが、「洗濯したいんで」とブレない岩岡だった。

◆「AGESTOCK2019 in TOKYO DOME CITY HALL」

都圏の学生団体の代表や幹部陣が中心となって2006年3月に発足した企画集団・AGESTOCK実行委員会が手掛ける同イベント。17日はDa-iCEほか、夢みるアドレセンスや足立佳奈も出演し、MCはEXITが担当。

日本一の新入生を決めるミスコン「FRESH CAMPUS CONTEST 2019」(17日)のグランプリも発表。青山学院大学の中川紅葉(なかがわ・くれは)さんがモデルプレス賞との2冠となった(modelpress編集部)

■セットリスト

1.FAKE ME FAKE ME OUT
2.イチタスイチ
3.FAKESHOW
MC
4.恋ごころ
5.BET
6.BACK TO BACK
7.TOKI

【Not Sponsored 記事】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定