ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > NECのドローン 実験中「失踪」

NECのドローン、実験中に“失踪” コマンドで制御不能、施設外に飛行 1週間経過も捜索中

179

2019年11月18日 15:33  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 NECは11月18日、飛行実験中にドローンが制御不能になり、実験場の外に飛行したまま行方不明になっていたことを明らかにした。原因は不明という。実験したのは10日で、現在は不時着している可能性が高いが、18日時点でも見つかっていないという。ビルや樹木などに引っ掛かっており、落下して歩行者を直撃する恐れがあるため、同社は発見を急いでいる。



【その他の画像】



 実験はNECの府中事業所(東京都府中市)で実施。PCに入力した制御用コマンドによってドローンを遠隔操作し、移動の速さや正確性を検証していたところ、突如として制御不能になり、場外に飛び出していったという。機体のサイズは、胴体が約50センチ、プロペラ間が約1メートル。重量は7キロ。



 ドローンが行方不明になった後、NECは機体の移動速度や当日の気象情報などを基にシミュレーションを実施し、着陸が想定される地域を算出した。だが、セスナ機によって当該エリアを上空から捜索した他、地上からも確認したものの、機体を発見できなかったという。



 府中警察署と府中市役所には届け出済み。同社の広報担当者は「今後も捜索を継続し、市民の方に注意を呼び掛けていく。原因が分かり次第、再発防止策を検討したい」と説明した。


このニュースに関するつぶやき

  • 会社で飛ばすものに対してGPSを付けないのね。信じられない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ドローンがどろんと消えたw
    • イイネ!33
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(129件)

あなたにおすすめ

ニュース設定