ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 位置情報を活用したマーケティングプラットフォームを提供するFactualが日本市場に参入

位置情報を活用したマーケティングプラットフォームを提供するFactualが日本市場に参入

0

2019年11月19日 15:02  MarkeZine

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MarkeZine

写真写真
 位置情報を活用したマーケティングプラットフォームを提供するFactualは、三井物産との資本業務提携を通じて、日本市場に参入すると発表した。またFactualは三井物産のサポートの下、国内の各広告配信プラットフォームとのシステム連携および、各広告代理店・企業への位置情報マーケティングプラットフォームの提供を進めていく。


 Factualは、ユーザーから許諾の取れた位置情報に基づくターゲティング広告の配信や顧客・商圏分析、来店計測による日次の広告効果検証などを可能にする、位置情報マーケティングプラットフォームを提供している。


 同社は2018年に実施した4,200万ドルの資金調達およびシンガポールオフィス設立を機に、APAC市場に参入。この度、三井物産との資本業務提携を通じ、日本市場へと進出を開始する。現在、日本ではThe Trade Desk、Google DV360、MediaMathなどのプログラマティック広告配信プラットフォーム、またはFacebook、Instagram、TwitterなどのSNS広告配信プラットフォーム上でFactualのサービスを利用することができるが、今後三井物産のサポートの下で連携プラットフォームをさらに拡大していく予定だ。

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定