ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 谷まりあ、足の裏に見つかった2つの異常 「全く気付かなかった」

谷まりあ、足の裏に見つかった2つの異常 「全く気付かなかった」

0

2019年11月20日 03:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(画像は谷まりあ公式Instagramのスクリーンショット)
(画像は谷まりあ公式Instagramのスクリーンショット)

18日に放送された『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に、モデルの谷まりあが出演。足の裏の検査によって、2つの異常が見つかったことがわかった。

■ウイルス性のイボを発見

「話題の美女の足裏ランキング」で、足裏を抜き打ちチェックされた谷。早速医師が診断すると、右足にウイルス性のイボが見つかる。

イボは、プールや温泉、サンダルの履き回しなどで他人から感染するといわれている。谷もモデルの仕事をしている際、「誰が履いたかわからない靴とか靴下を毎日履いてきた」ため、そこから感染した可能性が高いようだ。

関連記事:パンプス強制問題の原因のひとつ? 女性の5割がヒールのある靴に不快感

■イボ以外にも…

痛みはなく「全く気が付かなかった」という谷。まだ重症ではないことから「私のあとに誰か(靴や靴下を)履いても大丈夫ですか?」と問うが、医師は「履かないほうがいい」と制する。

さらに、医師は人差し指の下にタコが見つかる。指で押されると電気が走ったような痛みがあるようで、普段からヒールを履く谷は「夜になると『ビーン』ってきますね」と日常的に痛みを感じていることを明かした。

■約半数の女性が「ヒール嫌い」

ヒールを履き足裏にタコができた様子の谷だが、足に負担がかかるためヒールのある靴をあまり好まないという人も多いのではないだろうか。

しらべぇ編集部が、全国10〜60代のヒールの靴を履いたことのある女性742名を対象に調査したところ、全体の49.2%が「ヒールのある靴が嫌い」と回答。約半数の女性が苦手意識をもっていることが判明した。

2つの症状が見つかった谷。まだ痛みがないイボも、症状が悪化すると痛みを伴うほか、手に感染するリスクもあるようだ。症状の悪化にはくれぐれも気をつけてほしい。

・合わせて読みたい→大貫亜美がタトゥーを披露 「刺青を見たくない人」についても言及

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10〜60代のヒールの靴を履いたことのある女性742名に調査(有効回答数)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定