ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 市川海老蔵、「写真を撮るとよく写り込むモノ」とは? 麻央さんを思い出す声も

市川海老蔵、「写真を撮るとよく写り込むモノ」とは? 麻央さんを思い出す声も

0

2019年11月20日 03:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、18日に自身のブログを更新。写真を撮ると”よく写り込むモノ”について話し、ネット上に話題を呼んでいる。

■「これはなんすかね」

公開されたのは、遠くの街並みに沈みゆく夕陽の写真。手前には、娘・麗禾ちゃんと思われる人物の姿が写されているのだが、その前方には緑に光る玉のようなものが浮かんでいる。

(画像は市川海老蔵公式ブログのスクリーンショット)

どうやらこの光の玉は「よく写る」ものだといい、海老蔵自身も「これはなんすかね」と不思議に思っている様子だ。

関連記事:海老蔵、麻央さん眺める息子をアップして騒然 「かわいそう」「お涙頂戴多いよ…」

■「ママが守ってくれてる」

この写真を見たファンのなかには、亡き妻・小林麻央さんのことを思い出した人も多いようで「ママが守ってくれてる気がします」「緑のオーブは、自身の親近者の方々が守ってくれていることを示しているんですよ」といった声が。

一方で、一部には「単純にカメラの仕様でしょう」「レンズの反射です。iPhoneで太陽を撮るとだいたい写ります」といった現実的な声も見られた。

■5人に1人「スピリチュアルを信じる」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名を対象に「スピリチュアル的なもの」について調査を実施したところ、全体の5人に1人が「信じている」と回答。男女で大きく差が出る結果となった。

■以前にも…

ブログに書き込まれたコメントのなかには、「以前からちょくちょく見かける」といった声も。インスタグラムを遡ってみると、確かに緑の玉が薄っすらと写り込んでいる写真が発見された。

しかしこれも太陽を写した写真。やはり、レンズと光の関係のなかで起こる現実的な事象なのかもしれない…。

コメントのなかでも、諸説挙げられた緑の玉。真意は分からないが、今回の写真ほどくっきり写っていると、何かの暗示だと考えてしまうのも無理はない。今後の写真も注視したいところだ。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、髪が伸びた姿にファン驚き 「めっちゃ男前」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代の男女1537名(有効回答数)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定