ホーム > mixiニュース > トレンド > ギリシャの次はベルギーヨーグルト。驚きのなめらかさが日本初上陸

ギリシャの次はベルギーヨーグルト。驚きのなめらかさが日本初上陸

1

2019年11月20日 09:21  女子SPA!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

女子SPA!

写真写真
 グルメヨーグルト、日本上陸。

 先日、ベルギーのヨーグルトブランド「Pur Natur(ピュア ナチュール)」が日本に初上陸。その魅力を確かめるべく食べに行ってまいりました。このヨーグルトは、整腸作用などの「機能性ヨーグルト」、濃厚な「ギリシャヨーグルト」とは一線を画したもので、ヨーグルトに嗜好性を求める人にはピッタリハマるであろう、上質感が魅力。

 そこで今回は、「ベルギーヨーグルトって何?」ということをお伝えしつつ、ベルギーの食文化をヒントに、「ベルギーヨーグルトを使ったダイエット」のアイディアを2つご紹介したいと思います。

◆ベルギーヨーグルトは、究極のグルメヨーグルト。なめらかな濃厚感は必食

 今回上陸したヨーグルトは、ベルギー「Pur Natur (ピュアナチュール)社」の製法を受け継ぎ、カネカが日本国内で製造しているもの。伝統製法に基づいた2段階発酵により、生乳本来の甘み、ほのかな酸味を感じる味わいとなめらかな食感が魅力なんだそうです。

●「ベルギーヨーグルト ピュアナチュール プレーン 砂糖不使用」 105g 166円(税抜き)
●「ベルギーヨーグルト ピュアナチュール ブルーベリー」 100g 183円(税抜き)

 イトーヨーカドー等の量販店や、町のベーカリーショップを中心に販売しているという「ピュアナチュール」。実際に食べてみると、確かに口の中でしっとりとろける滑らかさが感動的。特に、砂糖不使用のプレーンは、甘味料など加えたくないと確信するほど、研ぎ澄まされたおいしさを実感できました。生クリームのような濃厚感がありつつ、シルクのような舌触りは、目が覚める極上感。うん、お世辞抜きにおいしい!

 それでは、次に、ベルギーヨーグルトを楽しみながら、おいしくダイエットをするアイディアを2つご紹介しましょう。

◆ベルギーヨーグルトでダイエット欲を満たす2つのアイディア

スイーツに添えて、レベルアップさせる

 ベルギーヨーグルトが他のヨーグルトと比べて秀でていることは、「洗練された濃厚リッチな上質感」があること。そこで、スイーツをベルギーヨーグルトで格上げするというのが、一つ目のご提案。例えば、パンケーキやワッフルなどの粉モノスイーツ。食べる量は控えめにしつつ、ベルギーヨーグルトを添えたり、上からかけたりすることで、レベルアップを図りましょう。味も満足度もヘルシー度もグーンとアップします。

料理に積極的に使う

 今回、試食会で食べたのが、「ワーテルゾーイ」というベルギーのポピュラーな郷土料理。鶏肉などの肉類を煮込み、生クリームと卵黄を加えたソースで仕上げた料理なのですが、これをヘルシーにすべく、生クリームの代用としてベルギーヨーグルトを使えば、余分なカロリーや脂質のセーブにつながります。

 また、クリーミー感だけではない酸味や甘味が加わるため、料理の味にも洗練感が生まれます。これを応用して、いつもの肉料理(チキンの照り焼き、焼き鳥など)や魚料理(フライやムニエルなど)、サラダなどの野菜料理にもベルギーヨーグルトをたっぷり乗せて楽しんでみてください。新たなおいしさを発見することができるでしょう。ギリシャヨーグルトを料理用に使っている人にもオススメで、また一味違った世界観を演出できます。

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

    あなたにおすすめ

    ニュース設定