ホーム > mixiニュース > トレンド > 「ユニクロ最新冬アウター」マストバイ3選…ダウンは史上最強傑作

「ユニクロ最新冬アウター」マストバイ3選…ダウンは史上最強傑作

1

2019年11月20日 09:22  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真ハイブリッドダウンパーカ 9990円(+税)
ハイブリッドダウンパーカ 9990円(+税)
―[メンズファッションバイヤーMB]―

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第254回目をよろしくお願いします。

 今年もユニクロが頑張ってます。ハイブリッドダウンなどの新作もリリースし、冬アウターラインアップは抜け目なし! 今回は多数あるユニクロのラインナップの中でも特に一押しの3アイテムを紹介します。

◆▼カナダグースはもう不要? 美シルエットすぎるユニクロダウン史上最高傑作!
・ハイブリッドダウンパーカ 9990円(+税)

 ユニクロが今季、ガンガン打ち出している新作ダウンシリーズ。

 昨年まで強化して展開していたシームレスダウンは接合部分が熱圧着のため実は耐久性がそこまで高くない。といっても、もちろんすぐにダメになるものではありませんが……経年とともに圧着が剥がれてくるリスクはあります。

 ハイブリッドダウンは熱圧着ではないのでおそらくシームレスダウンシリーズよりも耐久性は長めでしょう。このあたり「ライフウェア」を打ち出し、質や耐久性を重視するユニクロ的なアプローチらしい。

 ユニクロは「安いからすぐダメになる」と言われるのを最大限嫌ってますからね。シームレスで誰かに言われて根に持っていて、「それなら!」と開発したのではないかと予想!

 さて、そんなハイブリッドパーカ。個人的にもユニクロダウン史上最高傑作かなと思っています。このアイテムの肝は袖部分だけを高機能素材にしてダウンを抜いたこと。ダウンは防寒性が高い替わりにシルエットが野暮ったくなります。モコモコとした印象は如何ともしがたい。

 そこで袖だけダウンを抜いてシルエットと防寒性を両立させたのがこのアイテムです。

 服作りをしていると理解できるのですが、実はシルエットは「袖」が重要。身幅や肩幅がゆるくても袖がフィットしている状態ならば案外、すっきりきれいに見えるのです。

 なぜなら袖は身頃から出ている先端部分だから、ほかのパーツよりも一層目立つわけです。ユニクロは袖からダウンを抜き、その代わりにヒートテックなどで使われる吸水発熱素材を採用。

 袖はすっきりしているけど、ある程度防寒性も担保できている。少なくとも日本の街でこれで寒さに困ることはないでしょう。加えて、シルエットもちゃんと細身できれい。防寒性とシルエットを見事に両立した最高の出来です。
◆▼ユニクロでもおしゃれ着を! 風合い豊かなコスパ最高のコート!!
・ウールカシミヤチェスターコート(柄) 1万4900円(+税)

 こちらは例年、リリースしているユニクロの傑作コート。カシミア混ウールをこれだけ広範囲の面積に使って1万4900円って死ぬほど安いです。

 3万〜4万円台のコートと比べてもまったく見劣りしません。ユニクロらしいスタンダードすぎるデザインには少し物足りなさを感じますが、その分素材は極上中の極上。デザインの物足りなさは着こなしでカバーすれば問題なし! コスパだけなら世界屈指のアイテムです。

 日本ではユニクロは消耗品や実用品がウケています。ダウンやフリースなどの防寒性に特化した実用品、エアリズムなどの肌着やソックスアンダーウェアなどの消耗品などですね。

 しかしながら、ヨーロッパではおしゃれ着ともいえるこうしたコートなどが案外、支持されているそうです。考えてみれば、コートもダウンも同じような値段ですが、防寒性は天と地ほども違うわけで、機能性だけでいえばダウンを抑えてこのコートを買う理由などありません。

 このコートに手を出すということは少なからず「おしゃれ」を意識してのことでしょうが、日本ではイメージの問題もあり、「ユニクロでおしゃれ着」という買い方がしにくいのかもしれません。

 しかし、個人的にはぜひ一度試着していただきたい。美しい高級感ある風合いはいつもの着こなしをグッとアップグレードさせてくれます。デニムにスニーカーなどのカジュアルスタイルにサッと羽織るだけでも、まるで印象が変わりますよ。

 特におすすめは柄の入った今年からのモデル。ガンクラブチェックが入ったコートは無地ニットに黒パンツなどでも地味に感じさせません。シンプルスタイルが好きな方はぜひ手にしてみてください。

◆▼新型ブロックテックは防寒性もばっちり!
・ブロックテックダッフルコート 9990円(+税)

 こちらは特別ラインであるユニクロUのラインアップ。ブロックテック素材は今まで春秋用の薄いものが多かったですが、こちらはヘビーアウターとして冬まで使えるものです。

 旧来のブロックテックと異なり、ウールが混じっており肉厚になっています。その風合いはまるで天然ウールそのもの。

 加えてブロックテックは風をとめてくれて、しかも内部の蒸れも逃してくれる快適素材。撥水性も高いので全天候対応で使えます。重みのある素材なので寒冷地でも問題無し!

 さらに見た目もロング丈の美しいデザイン。ダッフルコートと聞くと、どうにも田舎臭いイメージを持つ方も多いでしょうが、こちらはトグルパーツなどを同色で整えており、シックにまとまっています。中学生や高校生のときに着て以来、ネガティブなイメージしかない方もぜひ試してみてください。かつてのダッフルとは全然印象が違うはずですよ。

 以上、今すぐ買うべき「ユニクロの冬用アウター3選」でした!

―[メンズファッションバイヤーMB]―

【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超!

あなたにおすすめ

ニュース設定