ホーム > mixiニュース > 社会 > 野党、「虚偽答弁」「私物化」に重点=桜を見る会、攻勢に拍車

野党、「虚偽答弁」「私物化」に重点=桜を見る会、攻勢に拍車

84

2019年11月21日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 立憲民主党など野党は、首相主催「桜を見る会」をめぐる問題について、安倍晋三首相の「虚偽答弁」と、多数の後援会関係者を会に招いた「私物化」に重点を置いて追及する方針だ。改めて衆参両院予算委員会の集中審議開催を要求し、攻勢に拍車を掛ける。

 主要野党は20日、国対委員長が会談し、予算委実現を訴える方針を確認した。立憲の安住淳国対委員長は共同会派会合で「大変な疑惑を持たれた以上、国会で説明責任を果たしてもらいたい」と首相に迫った。

 首相はこの日の参院本会議で、招待客の取りまとめに関し「事務所から相談を受ければ推薦者について意見を言うこともあった」と明言。8日の参院予算委で「招待者の取りまとめには関与していない」としていた説明を修正した。

 立憲の福山哲郎幹事長は記者団に「国会で虚偽の答弁をしたことに強く抗議したい」と反発。国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で「なぜ違う説明をしたのか、説明する責任が首相にはある」と指摘した。

 首相と自民党の推薦枠が計約7000人分に上り、首相の昭恵夫人から推薦があったことも問題視している。共産党の穀田恵二国対委員長は会見で「桜を見る会の私物化の実態が一層明確になった」と強調した。

 野党側はこのほか、(1)安倍後援会主催の夕食会が公職選挙法や政治資金規正法に抵触する可能性(2)国会質問に向けた共産党の資料請求当日に内閣府が招待客名簿を廃棄した問題(3)招待者が膨張した理由―なども引き続き取り上げる方針だ。

 野党は25日に追及チームを追及本部に格上げし、陣容を約6倍の60人規模に増強する予定。政府・与党は予算委開催を拒んでいるが、安住氏は「やらないなら、来年の通常国会で2カ月間かけてこの話をやらせていただく」とけん制した。 

このニュースに関するつぶやき

  • ウヨちゃん、弁護に必死ですが、このくらいズサンなウソやインペイ、シブツカで、それをやってもねえ。虚しくありませんか?
    • イイネ!17
    • コメント 0件
  • またはじまった🤪����2「あなたはやりましたね」◯「身に覚えがありません」����2「いえ、あなたはやりました」◯「なぜ私がやったと言えるのですか」����2「それはあなたが証明してください」🤪
    • イイネ!62
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(73件)

あなたにおすすめ

ニュース設定