ホーム > mixiニュース > 海外 > タイとラオスの国境地帯でM6.1の地震「震源の深さ10km」米地質調査所

タイとラオスの国境地帯でM6.1の地震「震源の深さ10km」米地質調査所

3

2019年11月21日 11:41  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真タイとラオスの国境地帯でM6.1(USGS)
タイとラオスの国境地帯でM6.1(USGS)

 米地質調査所(USGS)によると、日本時間21日午前8時50分ごろ、タイとラオスの国境近くを震源とするマグニチュード(M)6.1の地震が発生した。
 地震が発生したのは、国境に近いタイ東北部チャルームプラキアット郡から31キロ東のラオス側の山岳地帯で、震源の深さは約10キロと推定される。

このニュースに関するつぶやき

  • 韓国が手抜き工事で決壊させたダムの被災地は、いまどうなっているんだろう。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定