ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 中国で最も危険な峠道を限界ギリギリまで攻める! 「ドリフトの神様」ケン・ブロックが914馬力の魔改造トラックで挑む

中国で最も危険な峠道を限界ギリギリまで攻める! 「ドリフトの神様」ケン・ブロックが914馬力の魔改造トラックで挑む

1

2019年11月21日 17:58  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ドリフトの神様として知られるラリードライバー、ケン・ブロックが中国で最も危険な峠道に挑む
ドリフトの神様として知られるラリードライバー、ケン・ブロックが中国で最も危険な峠道に挑む

 ド派手なドリフトパフォーマンスでおなじみのラリードライバー、“ドリフトの神様”ケン・ブロック選手が、中国・天門山の峠を駆け上がる迫力満点の新作動画「Climbkhana TWO」(クライムカーナ ツー)を公開しました。



【画像】当たってんじゃねぇか!? ってくらい限界ギリギリのドリフト



 ブロック選手が率いるチーム「HOONIGAN(フーニガン)」の公式YouTubeチャンネルで、11月18日から配信がスタートしています。



 ブロック選手の動画にはいくつかのシリーズがあり、このクライムカーナは峠を猛スピードで駆け上がるヒルクライムがメイン。攻めたドリフトでヘアピンカーブをクリアしながら快調に飛ばして行きますが、途中でセグウェイに乗ったパンダ(?)のまわりをグルグルと定常円旋回してみせるお茶目な謎パフォーマンスも忘れません。



 今回の舞台となった天門山は「天国の門」と呼ばれている絶景で有名な観光名所。しかし、そこにいたる道は「中国で最も危険な道」として知られている恐ろしい峠道。上空から撮影したシーンを見れば、いかに危険な場所かがわかるはず……。



 道路の端に小さなブロックが置かれているだけという、一歩間違えれば谷底に真っ逆さまのコーナーを、ミリ単位でギリギリまで寄せていく神業ドリフトはとてもスリリング。神様と呼ばれる所以、ここにありといった感じです。



 今回使われたマシンは、魔改造トラック「HOONITRUCK(フーニトラック)」。元は1977年型のフォードのピックアップトラック「F-150」ですが、ボンネットから飛び出したいかにも強そうなエンジンは、914馬力もあるV6ターボ仕様。ローダウンとオーバーフェンダー仕様でただのトラックではない異様な存在感を放つマシンです。



 ドリフトのためだけにカスタムされたマシンは今回だけでなく、市街地をドリフトで駆け抜けていく「ジムカーナ」シリーズ第10弾でも魅力的な走りを披露しています。興味がある人はそちらもチェックしてみては。


このニュースに関するつぶやき

  • ピックアップトラックってのがなんか気にくわない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定