ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > アニメ映画「音楽」予告編解禁、押見修造「漫画そのもので高揚した」と賛辞

アニメ映画「音楽」予告編解禁、押見修造「漫画そのもので高揚した」と賛辞

1

2019年11月21日 18:08  コミックナタリー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真映画「音楽」メインビジュアル
映画「音楽」メインビジュアル
大橋裕之原作による長編アニメーション映画「音楽」の予告編が公開された。

【大きな画像をもっと見る】

2020年1月11日に公開される「音楽」は、楽器未経験の不良高校生たちが思いつきでバンドを組んだところから始まるロック奇譚。実際に撮影した映像をもとに作画していくロトスコープという手法を用い、71分のアニメーションがすべて手描きで制作されている。予告編は坂本慎太郎演じる研二が「バンド、やらないか」と太田と朝倉を誘うシーンに始まり、3人の練習風景や研二がリコーダーを吹き鳴らすシーンなどが、ドレスコーズの主題歌「ピーター・アイヴァース」とともに収められた。

併せて押見修造、俳優の山田孝之、ミュージシャンの斉藤和義ら各界著名人からのコメントも公式サイトで公開された。押見は「劇中の音楽が、演奏シーンが、全部ちゃんとかっこいい」「漫画そのもので高揚した」と賛辞を贈っている。

12月11日には愛知・TOKUZOで、12日には東京・新宿武蔵野館でトークイベント付き先行上映会が開催される。11日のチケットは発売中。12日のチケットは12月6日12時より、新宿武蔵野館公式サイトで販売される。また新宿武蔵野館では、11月22日より大橋の描き下ろしTシャツ付き前売券を取り扱う。なお生ラフ原画の特典が付いた前売券は、新宿武蔵野館と愛知・シネマスコーレで販売中だ。

押見修造コメント原作漫画を読んだ時に感じた、音楽をやりたい、
やろうと思った時に人生に訪れるあの感じ、がこの映画にも刻まれていると感じました。
劇中の音楽が、演奏シーンが、全部ちゃんとかっこいい。
漫画そのもので高揚した。
「古美術」の森田くんが可愛くて大好きです!

「音楽」トークイベント付き先行上映会日程:2019年12月11日(水)19:30〜
会場:愛知県 TOKUZO
料金:2000円
出演:岩井澤健治、大橋裕之、松江哲明

日程:2019年12月12日(木)19:00〜
会場:東京都 新宿武蔵野館
料金:2000円
登壇:前野朋哉、芹澤興人、岩井澤健治、大橋裕之

アニメ映画「音楽」2020年1月11日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開

スタッフ監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之(「音楽と漫画」太田出版)
プロデューサー:松江哲明
アソシエイトプロデューサー:九龍ジョー、迫田明宏
配給:ロックンロール・マウンテン
配給協力:アーク・フィルムズ

キャスト研二:坂本慎太郎
亜矢:駒井蓮
太田:前野朋哉
朝倉:芹澤興人
森田:平岩紙
大場:竹中直人

(c)大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定