ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 清原翔・岡崎紗絵ら、松下奈緒主演ドラマ「アライブ」追加出演者を発表

清原翔・岡崎紗絵ら、松下奈緒主演ドラマ「アライブ」追加出演者を発表

0

2019年11月22日 05:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真木下ほうか、清原翔、岡崎紗絵、藤井隆(提供写真)
木下ほうか、清原翔、岡崎紗絵、藤井隆(提供写真)
【モデルプレス=2019/11/22】女優の松下奈緒が主演、木村佳乃が共演する2020年1月期のフジテレビ系新木曜劇場「アライブ がん専門医のカルテ」(1月9日スタート/毎週木曜よる10時〜)に清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆が出演することがわかった。

【写真】岡崎紗絵、ふんわりバスト際立つ水着で魅了

同作の主人公は腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)。腫瘍内科医とは、日本ではまだ比較的数の少ない“がん診療のスペシャリスト”で、すべての部位のがんを取り扱い、患者にとってベストながんの治療法を模索し、化学療法を中心とした診療により、がんと向き合っていく。腫瘍内科の英訳がメディカル・オンコロジーであることから、本人の名前とかけて院内では「オンコロ先生」と呼ばれている心は、誰に対しても等身大で接する、柔らかで心優しい女性。“治るか治らないかではなく、患者の人生に寄り添うこと”を矜持に、誰よりも真摯にがん患者に向き合い、がんによって傷ついた患者の心までも救おうとする。学生時代に知り合った男性・匠と結婚し、一人息子をもうける。順風満帆な毎日を送っていたが、3カ月前に匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいる。職場では気丈に振る舞っているが、自身はいまだに現実を受け止め切れていない。

そんな時、勤務先の病院に移籍してきた有能な消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)と出会う。腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして、太陽のように明るい性格で心の支えになってくれる同僚として、この年齢になってできた大切な友人となった彼女との出会いは、心にとって、公私ともに突然差し始めた一筋の光のように感じさせるものだった。しかし、薫には、心には明かせない、ある秘密があり―。

同作は、日本のテレビドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う、医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の心と外科医の薫という2人の医師を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬一番温かい、感涙のメディカル・ヒューマンドラマとなる。

そんな同作で、心とともに腫瘍内科で働く“チーム・オンコロ”の医師役として、清原、岡崎、木下、藤井が出演する。

◆清原翔、2年目の研修医役

清原は2年目の研修医・結城涼役。さまざまな診療科を回ったのち、研修医最後の期間を、腫瘍内科に身を置くことになる。医師家系のエリートで、性格はクールかつ冷静沈着でぶっきらぼう。ただ、冷徹な人間というわけではなく、実は熱い思いを奥底に抱えている不器用な人間。はっきりと物を言うため、誤解されることもしばしば。家族全員が外科医であり、自らも外科医志望。研修期間に腫瘍内科を選んだ理由は、外科医としてがん診療を見ておく必要があると思った程度で、時間の隙間を見つけては外科の勉強をしているが…。

清原は、同作が松下とは初共演となり、医師役は『いつまでも白い羽根』(フジテレビ系2018年4月〜5月)で、くしくも同じ研修医役を演じて以来2度目となるが、本格医療ドラマで医師役を演じるのは同作が初めてとなる。“チーム・オンコロ”で、どれほど鮮烈な存在感を清原が放つのか注目だ。

◆岡崎紗絵、清原翔と同じく2年目の研修医役

岡崎は2年目の研修医・夏樹奈海役。結城と同じく、研修医最後の期間を腫瘍内科で過ごすことになる。常に前向きで、努力家だが、たまに頑張りが空回りしてしまうことも。あるきっかけから、小児科医を目指している。唯一、小児がんだけは小児科医が診ることになるため、その時のために備えたいという理由から、研修に腫瘍内科を選ぶ。心の診療方針を間近で見て学び取ろうとするが…。

岡崎は、同作が松下とは初共演となり、また清原とも初共演となる。医師役は『ブラックペアン』(TBS系2018年4月〜6月)で、くしくも清原と同じく研修医役を演じて以来2度目となる。清原との名コンビだけでなく、奈海の結城への微妙な思いがもう一つの見どころとして物語を盛り上げていく。

◆木下ほうか、腫瘍内科の部長役

木下は心たちが勤める腫瘍内科の部長・阿久津晃役。心たちが勤める腫瘍内科の部長。今の病院に腫瘍内科を立ち上げた当人で、立ち上げとともに心を呼び寄せた。あっけらかんとした人柄で、楽天家。部下に対しては非常に寛容で、基本的に診療は心たちに任せ、心たちの成長を見守っている。一方で自分の本分は、院内での腫瘍内科の地位向上のみならず、より多くの人に腫瘍内科の存在を知ってもらうこと、そして“がんになれば助からない”という旧来のイメージを払拭し、最新のがん治療を広く理解してもらうことだとして、頻繁に取材を受けたり、海外のがん治療を視察したりと、常に忙しくしている。

そんな阿久津を演じるのは、圧倒的な演技力と唯一無二の個性で、TVドラマに映画に引っ張りだこの木下。松下とは『ゲゲゲの女房』(NHK 2010年3月〜9月)、『鴨、京都へ行く。〜老舗旅館の女将日記〜』(フジテレビ系2013年4月〜6月)に続いて、同作が3作品目の共演となるが、連続ドラマのレギュラー出演としては同作が初共演となる。

同作で木下は、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系2014年10月〜)のイヤミ課長とは真逆な上司を演じることになり、日本中の誰もが思い浮かべる魅力的な上司像が、また新たに誕生する。

◆藤井隆、松下奈緒の同僚に

藤井は心の同僚・光野守男役。もともとは優秀な麻酔科医だったが、第5子が産まれたことをきっかけに、勤務時間がある程度決まっている腫瘍内科に転科してきた。底抜けのイクメンで、妻を手伝うために定時までに仕事を終わらせて帰宅することが目標。腫瘍内科医としてのキャリアは心よりも浅いが、陽気でほがらかな人柄は医師からだけでなく、患者からの信頼も厚く、腫瘍内科の慢性的な人手不足を嘆きながらも、心とともに日々、懸命に患者と向き合っている。

同作が『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系2016年10月〜12月)以来、実に3年ぶりの民放連続ドラマ出演でフジテレビ系連続ドラマは初出演となる藤井は、松下とは初共演であり、初の医師役となる。同作が初の医師役ではあるが、光野の人間性は、まさに藤井にピッタリでハマリ役である。

◆清原翔コメント

Q:本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「腫瘍内科という、まだ聞き馴染みがない、がん診療をおこなう科が舞台と聞いて、心が引き締まりました。身近にある病気だからこそ、皆さんに伝えられるようにしっかり演じたいと思いました」

Q:結城を演じていく上での意気込みをお願いします。

「一見クールだけど、熱い想いがある。そんな結城をどう演じるか、本当に楽しみです。腫瘍内科の皆さんで一致団結できるよう頑張ります」

Q:見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「“がん”という、きっと皆さんも身近に感じるであろう病気を扱うドラマなので、共感していただける部分があると思います。丁寧に結城涼という人物を演じたいと思います。ぜひ、皆さん楽しみにしていてください」

◆岡崎紗絵コメント

Q:本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「とても嬉しかったです。腫瘍内科を私自身、知らなかったので、知るきっかけになりました。医療ドラマは命あることの尊さ、人との繋がりがとても濃く出るドラマだと思うので、大切に演じたいと思いました」

Q:奈海を演じていく上での意気込みをお願いします。

「一生懸命で真っ直ぐな女性なので、私も奈海のように真っ直ぐに作品と向き合い、奈海の人に寄り添える優しさを出していけるよう、精一杯頑張ろうと思います」

Q:見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「人と人との繋がり、命の大切さを再確認できるドラマとなっていて、それだけではなく隠された過去や秘密があったりと気になる展開が沢山あるドラマです。その部分も楽しみに見ていただけると嬉しいです」

◆木下ほうかコメント

Q:本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「扱う内容が決して他人事ではなく、関心の高い問題であることから、強く責任を感じています。とはいえ、物語の中で緩和としての役割をしっかり果たせる働きをしていきたいと考えています」

Q:阿久津を演じていく上での意気込みをお願いします。

「現時点でプランはたっていませんが、優れたスタッフ、キャストと取り組めることがわかっているので全く不安はありません。とくに共演者として松下さん、木村さんとは既に信頼関係が築けているので安心ですし、基本的には藤井くんに頼って、相談しながら取り組んでいきたいと考えています。また、睫邊篤弔箸癲愧覺蕁訴親午後3時の恋人たち〜』以来で嬉しい限りです」

Q:見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「まだ発表されていない魅力的な共演者もいるので、素晴らしいチームワークをお見せすることができるはずですのでご期待ください!」

◆藤井隆コメント

Q:本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「フジテレビの医療ドラマに呼んでいただいたことに驚きました。頑張ろうと思います」

Q:光野を演じていく上での意気込みをお願いします。

「先日、打ち合わせと衣装合わせでスタッフの方々とお会いしました。皆さんが丁寧にこのドラマを作っていこうとなさっている姿を見て、ご迷惑おかけしないように私も丁寧な気持ちを持って参加させていただこうと思いました。光野は5人の子供がいる医者です。きっと生きることにたくましく強い人なんじゃないかな、と思っています。どこまで体現できるかわかりませんが、ご覧いただく方に光野のそんな強さもふと感じていただけるよう頑張ります」

Q:見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「最後まで毎週ご覧いただけるような、そんなドラマになるよう頑張ります。1月9日木曜日夜10時から、どうぞよろしくお願いします」

◆プロデュース:太田大(フジテレビ第一制作室)コメント

「チーム・オンコロに素敵なみなさんがお集まりいただけてとても光栄です。将来に悩み迷う時期にいる若き研修医である結城涼と夏樹奈海は、どこかしら、この診療科の未来を感じさせる人物として描きたいと思っていました。腫瘍内科は日本では比較的新しい診療科であり、転科せず最初から腫瘍内科医である先生方はまだ少ないと言われていますが、研修医を経た彼らがどんな選択をするのかに注目していただきたく思っています。今、最も注目される若手俳優である清原翔さんは、そのクールでアンニュイな雰囲気と、理系出身の醸し出される知性から結城そのものだと思い、オファーさせていただきました。また、モデルとしても女優としても、役によって派手な女性からしおらしい女性まで幅広く演じ分ける岡崎紗絵さんに、ひたむきな女性である夏樹を演じていただきたくお願いしました。また、フワフワしているように見えて、実はこの診療科のことを心の底から考えている阿久津部長は、いわゆる理想の上司。飄々としながらも、いつもご登場されるシーンをしっかりと締めていただける凄腕の木下ほうかさんに演じていただくことで説得力を持っていただけると思っています。そして、作品として暖かさと明るさを感じさせるものにしたいと思っている中で、欠かせないキャラクターである光野には、居てくださるだけで周囲が明るく暖かくなる藤井隆さんにお願いさせていただきました。多彩な藤井さんが織り成す圧倒的な明るさと、とても真摯な人柄が、光野をより一層魅力的に見せていただけると信じています」

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定