ホーム > mixiニュース > 地域 > 信徒が性被害 神父を聖職停止

女性信徒が性被害訴え=神父処分も公表せず―長崎大司教区

200

2019年11月22日 14:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 長崎県のカトリック信徒の女性が「神父に体を触られた」などと性的被害を訴えていることが22日、関係者への取材で分かった。長崎大司教区は神父を聖職停止にしたが、教区の信徒には処分を公表せず、不在の理由を「病気療養中」とだけ説明。関係者は「問題行為を明らかにしなければ、再発防止にはつながらない」と懸念している。

 聖職者の性的虐待は世界各地で問題となっており、教会の組織的な隠蔽(いんぺい)が批判を浴びている。23日に来日するフランシスコ・ローマ法王は5月、信頼回復に向け、事案を把握した場合はバチカンへの報告を求める教令を発出している。

 複数の関係者によると、神父は40代。2018年5月、自らが司祭を務めていた長崎県内の教会に女性を呼び出し、抱き付いたり、体を触ったりするわいせつな行為をしたとされる。

 女性は心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、長期の入院を余儀なくされた。被害届を受理した長崎県警が強制わいせつ容疑で捜査している。

 神父は面会した教区幹部に「女性や教会に大変な迷惑を掛けた」と話した。時事通信の取材には「何も申し上げられない」と答えた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 日本人なのか外人なのか、略歴(どの教区か、大学は?など)もきちんと公開して2度とこのようなことがおこらないようにしていただきたいと思います。
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • 聖職者の性的虐待は世界各地で問題となっており ← 所詮こんなもんだろ。神様なんてもんはいないんだよ(笑)
    • イイネ!65
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(144件)

あなたにおすすめ

ニュース設定