ホーム > mixiニュース > トレンド > レクサス、初の市販EVを公開

レクサス、初のEVを公開 日本発売は2021年 専用アプリで充電管理も

60

2019年11月22日 14:12  ITmedia ビジネスオンライン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia ビジネスオンライン

写真レクサス初の市販EV「UX300e」
レクサス初の市販EV「UX300e」

 トヨタ自動車は11月22日、高級車ブランド「レクサス」で初の電気自動車(EV)「UX300e」を発表した。中国・広州で開催されている広州モーターショーで世界初公開した。2020年から中国や欧州などで順次発売し、日本では21年前半に発売する。



【その他の画像】



 レクサスブランドでは、10月に開催された東京モーターショーで、電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させることを目指す方針「Lexus Electrified」を発表。EVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」も公開していた。



 UX300eは、EVとして初の市販モデル。コンパクトクロスオーバーである「UX」の個性的なデザインや取り回しやすさは残したまま、EV独自の「すっきりと奥深い走り」と高い静粛性を追求したという。



 走行性能では、ドライバーの運転感覚に合った自然な加減速を可能にした。ドライブモードセレクトによって、ペダル操作に対して瞬時にトルクが立ち上がる力強い加速フィーリングを味わうことができる。また、パドルシフトで減速度を4段階から選択することで、ガソリン車のエンジンブレーキと同じような減速操作も可能。「自然な操作性」にこだわった。



 モーターやバッテリーは車体下部に配置することで、低重心化を図った。床下バッテリーには遮音壁としての機能を持たせて静粛性も向上。さらに、風切り音や小石・砂などの巻き上げ音にまで配慮し、より静かな室内空間を目指した。



 EVシステムには、大容量バッテリーを採用。ハイブリッド車の経験を踏まえ、モーター、インバーター、ギヤ、バッテリーといった主要装備の効率を最大化した。航続距離は400キロ。



 最新のコネクティッド技術も採用している。バッテリー残量や走行可能距離などをスマートフォンで確認できる専用アプリを提供。出発時刻に合わせて充電を完了させるタイマー機能も備える。エアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外から稼働させることも可能になる。


このニュースに関するつぶやき

  • EUがアホみたいに排ガスに厳しいし、中国も政策的にEVを進めているのでそうせざるを得ない。彼らがEV推しなのは自陣営に大きな油田がないからライバル潰ししたいだけで、地球に対する愛ではない。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • レクサスのEVか。どんな客層をターゲットにしてるのか、興味深々だがそこら辺は記事に書いてないのね。やはり日本国内の客層向けではなく中国とか欧州の客層向けか?
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

ニュース設定