ホーム > mixiニュース > 海外 > スパに10年棲みついた“伝説の巨大ヘビ”が捕獲される(中国)

スパに10年棲みついた“伝説の巨大ヘビ”が捕獲される(中国)

7

2019年11月23日 05:52  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真捕獲されたヘビと壊れた天井(画像は『News18.com 2019年11月18日付「Giant Python Falls Through Spa’s Ceiling in China after Secretly Living There for 10 Years」(Image credit: Twitter/@showbusinexx)』のスクリーンショット)
捕獲されたヘビと壊れた天井(画像は『News18.com 2019年11月18日付「Giant Python Falls Through Spa’s Ceiling in China after Secretly Living There for 10 Years」(Image credit: Twitter/@showbusinexx)』のスクリーンショット)
大人の太腿ほどの太さがある巨大なヘビが部屋を這いつくばっていたら、腰を抜かす人もいるのではないか。中国広東省のスパの一室で今月12日、体長3メートルを超えるヘビが捕獲され話題になっている。実はこのヘビ、10年前から度々目撃されていた“伝説のニシキヘビ”で、このたび捕獲が成功したことでスパ関係者は胸をなでおろしているようだ。『広州日報大洋網』『捜狐』などが伝えた。

広東省仏山市禅城区にあるスパで今月12日の午後5時頃、館内の点検をしていたスタッフが床を這う巨大なヘビを発見し、警察に通報した。このスパでは10年ほど前から天井裏にヘビが棲みついているとの噂があり、3年前に館内の改装をした際にも、施工業者がヘビを目撃していた。

この日スパに駆けつけた仏山公安局禅城分局のチェン・ガン警察官は、ヘビの捕獲について次のように語っている。

「捕獲には近くのレストランの従業員らに協力を仰ぎました。まず部屋の中のヘビの居場所を確認して電気を消し、ヘビの身体全体に布を被せました。そしてすぐに頭と体を押さえつけ、6人で布をゆっくりと締めあげていきました。その結果、5分ほどで捕獲に成功したのです。」

「捕獲したのはニシキヘビの一種で、体長3メートル以上、体重19キロ、太さ20センチはありました。」

「ニシキヘビが見つかった部屋の天井の一部には大きな穴が開いており、そこから床に落下した可能性が高いとみています。」

一方で、スパの経営者は「スパ内でヘビを見かけたという噂は10年ほど前からありましたが、私自身は一度も見たことがなかったのです。ヘビが目撃された昨年末には警察が4日間かけて探しましたが、結局見つけることはできませんでした」と話している。

また専門家は「ニシキヘビは平均25年、またはそれ以上長生きする個体もおり、体長は大きいもので7メートルにもなります。スパにいた個体は、ネズミを捕食していたのでしょう。ただ常に天井裏にいたわけではなく、時には外に這い出していたと思われます」と述べている。

地元紙によると、捕獲されたニシキヘビは仏山市の野生動物保護センターに搬送されたということだ。

画像は『News18.com 2019年11月18日付「Giant Python Falls Through Spa’s Ceiling in China after Secretly Living There for 10 Years」(Image credit: Twitter/@showbusinexx)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • ニシキヘビは毒を持たないから安心 ただハンパなく絞めつけやがると思われwww
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 怖いですね。10年も前から目撃されていたのに。
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

ニュース設定