ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 渋野日向子が魅せたスーパーショット。鈴木愛の猛チャージに食らいつく

渋野日向子が魅せたスーパーショット。鈴木愛の猛チャージに食らいつく

0

2019年11月23日 06:02  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 四国・松山で開催されている大王製紙エリエールレディス(11月21日〜24日/愛媛県)。前日同様、トーナメント2日目も寒い一日だった。空は悲しくなるような曇天で、午後になると冷たい雨が降り出した。

 初日を終えて5アンダー、2位タイでスタートした渋野日向子は前半、4番(パー4)、5番(パー5)で連続バーディーを奪い、7アンダーまでスコアを伸ばす。初日と同じく、この日も好調なパットを武器にして、バーディーを重ねていくかに見えた。

 迎えた7番パー4。渋野はパーオンを決めたものの、長いバーディーパットを1ピンほどショートさせ、そのパーパットを決められずにボギーとする。スコアを6アンダーに後退させた。

 一方、渋野の1組前で回る賞金ランキング1位の鈴木愛は、その7番でセカンドをベタピンにつけて楽々バーディー。1アンダーで終えた初日から、早くもスコアを4つ伸ばして、5アンダーとした。

 この7番を終えた段階で、鈴木に1打差まで迫られたことを、渋野が知っていたかどうか定かではないが、猛追されていたことだけは認識していただろう。前日、あらためて「賞金女王のこと、全然何も考えていないです。残りの2試合で、応援してくれるみなさんに『いいプレーを見せたい』という素直な気持ちでやっています」と語った渋野だが、バーディーを重ねる鈴木を見て、感情が揺れることはなかったのか――。

 続く8番(パー3)。渋野のティーショットは、アゴの高いガードバンカーに捕まった。結局、バンカーショットはピンに寄らず、パーパットも入らずに連続ボギー。スコアを5アンダーに落とし、鈴木に並ばれた。

 渋野と鈴木の争いは、今季の賞金女王争いだけではない。来年の東京五輪の出場権がかかる世界ランキングでも、(11月19日時点で)15位の渋野と17位の鈴木が熾烈に争う関係にある。

 渋野は9番(パー5)でバーディーを奪い、鈴木に対して1打リードして前半を終えた。だが、鈴木は後半も爆発。10番(パー4)でバーディーを奪うと、続く11番のロングホールでは、残り85ヤードの第3打を直接カップインさせる離れ業を披露。イーグルを奪って、渋野との差を大きく広げた。

 片や、渋野もショットは好調だった。バーディーチャンスにもつけていた。初日の彼女は、それをかなりの確率で決め、バーディーを重ねた。しかしこの日は一転、パットに泣かされることになった。

 10番では約4m、11番では1.5m、12番(パー3)では2.5m、13番(パー4)では2.5mと、バーディーパットをことごとく外した。そして15番(パー4)では、ついにパーパットも外してしまう。

「朝からチャンスにショットをつけることができて、何回かチャンスがありながら、なかなか(パット)が決まらず、そこからショットまで悪くなって……。なかなか波に乗れませんでした」とは、ホールアウト後の渋野の弁だ。

 渋野が伸び悩むなか、鈴木も14番、15番と連続ボギーを喫した。雨と寒さ対策のため、スカートからオーバーパンツに着替えたことが災いしたのだろうか。15番で短いパーパットを外したあと、次のホールに向かう道で、シューズを地面に蹴りつけるようにして、怒りを発散させていた。

 15番を終えて、渋野が5アンダー、鈴木が6アンダー。先にバーディーを奪ったのは、鈴木だった。17番(パー5)でおよそ5mのバーディーパットを見事にねじ込んだ。

 その光景をフェアウェーから見届けた渋野は、エッジまで225ヤードの第2打を6番アイアンで刻み、3打目勝負に出た。

 ピンまで残り86ヤード。52度のウェッジで打ったボールは、ピン手前2mに着弾。渋野もバーディーを奪った。それまで入らなかった距離がようやく入ったという感じだった。

 最終18番(パー4)。鈴木が先に約6mのバーディーパットを鮮やかに決め、通算8アンダーでホールアウトする。

 追いかける渋野もショットで魅せた。ピンまで残り133ヤード。8番アイアンで打った第2打をピンの根元、わずか30cmの距離にピタリとつけた。今年の女子ゴルフ界を席巻したヒロインが、その存在をあらためて誇示するようなスーパーショットだった。

 鈴木と同様、セカンドラウンドの最後を連続バーディーで締めくくった渋野。通算7アンダー、9位タイで2日目を終えた。

「最後はショットがついてくれて、いい上がり方だった。明日につながったかな」と渋野。報道陣から、前日とは打って変わって、なかなか入らなかったパットの話に水を向けられるとこう答えた。

「もう少しどうにかしないといけなかったと思います。もったいないパットがたくさんあったんで……。ほぼ私のミス、かな。決めたい距離を、フックラインも、スライスラインも、全部右に外しているんで。少し右にプッシュしているのかも。打った瞬間から『外れる』ってわかりそうなストロークだったんで、ほぼ自分のせいです」

 それでも、上がり方がよかったせいか、渋野の表情は明るかった。何より、4つあるパー5で3つバーディーを取れたことを喜んでいた。

 通算11アンダーで首位に立ったペ・ソンウとは4打差。鈴木、そして賞金ランキング2位の申ジエとは、1打差だ。

 パットさえ決まれば、渋野の優勝の目はまだ十分にある。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定