ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ジャパンCは世界の名手が集うも、狙いは主戦の日本人騎手鞍上の2頭

ジャパンCは世界の名手が集うも、狙いは主戦の日本人騎手鞍上の2頭

5

2019年11月23日 06:32  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

「世界に通用する強い馬づくり」を目指して、1981年に創設されたGIジャパンC(東京・芝2400m)。令和元年の今年で39回目を迎えますが、「いつか起こるのではないか」と思っていたことが、ついに起きてしまいました。

 ジャパンCの歴史上初めて、外国馬の参戦がゼロになったのです。

 たしかに、近年は外国馬が上位に絡むことがほとんどなくなっていましたし、それに伴って、日本にやって来る外国馬の”格”も徐々に下がってきていました。とはいえ、ジャパンCというレースの意義を考えると、勝負は別にして、外国馬がまったくいない状況になったことには、寂しさを感じます。

 やはり、昨年のジャパンCでアーモンドアイが記録した2分20秒6という驚異的な世界レコード――あれが、外国馬の参戦意欲を削ぐ決定打となったのかもしれません。その結果を見て、日本馬の強さに恐れをなしたのか、それとも、日本の高速馬場に恐れをなしたのか、どちらかはわかりませんが……。

 僕は現役時代、所属していた中尾鉄治厩舎の馬で、第1回と第7回のジャパンCに騎乗し、世界の名馬たちとのレースを味わわせてもらいました。第1回で騎乗したゴールドスペンサーは5着でしたが、日本馬の中では最先着だったんですよ。

 当時は、それこそアメリカやヨーロッパのGI馬と言えば、雲の上の存在。馬体のつくりからして「格が違う」といった感じで、とても日本の馬が勝てるとは思えませんでした。

 僕が参加させてもらった年以外で言えば、とりわけ印象に残っているのは、1982年の第2回。当時の世界最高賞金獲得馬ジョンヘンリー(アメリカ)が来日したのですが、「こんなにすごい馬が日本で走るのか」と感動したことを覚えています。

 それから30年余り。JRAが懸命な招致活動を行なっても、「日本に行っても勝てない」と、外国馬が来日してレースに参戦することはなくなってしまいました。これはある意味で、日本競馬の環境が変わり、レベルが上がったことの証明でしょう。

 いずれにせよ、外国馬がいなくても、秋の”古馬三冠”2戦目となるビッグレース。ジャパンCが、注目の一戦であることに違いはありません。

 ただ、今年のレース(11月24日)は、日本馬のレベルも決して高いとは言えません。

“古馬三冠”1戦目となるGI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)では、近年まれに見る最高レベルのメンバーがそろったのですが、その天皇賞・秋からジャパンCに参戦するのは、わずか4頭。天皇賞・秋で上位を争ったアーモンドアイ、ダノンプレミアム、アエロリット、サートゥルナーリアといった面々は、ほかのレースに回ってしまいました。

 そのほか、GI凱旋門賞に出走したキセキ、3歳牡馬クラシックで活躍したダノンキングリーやワールドプレミア、そして特別登録していたものの、香港に向かうことになったオークス馬ラヴズオンリーユーなど、出走すれば人気になっていたはずの馬たちがこぞって不参加。結果、今年は「本命」と呼べる馬のいない混戦模様となっています。

 そんななかで、やや押し出されるようにして人気になりそうなのが、レイデオロ(牡5歳)とワグネリアン(牡4歳)という2頭のダービー馬。ダービーと同じ東京・芝2400mが舞台となりますから、復活を期待する声が多いのは納得できます。しかし、勝ち負けに加われていないここ最近の結果を考えると、絶対的な信頼は置けないなと思っています。

 それらに代わって、ここで一気にGI獲りのチャンスが巡ってくるのではないかと期待しているのが、ワグネリアンと同じ友道康夫厩舎の管理馬で、勝負服も同じユーキャンスマイル(牡4歳)です。

 デビューした時から常にそつなく走っていて、左回りも得意する同馬ですが、個人的に「この馬は強い」と感じたのは、2走前のGIII新潟記念(9月1日/新潟・芝2000m)でした。

 休み明けのうえ、ずっと長距離を走っていたところからの、一気の距離短縮。条件としては、かなり厳しかったと思うのですが、そのレースを勝ち切ったことに大きな意味を感じています。

 また、前走の天皇賞・秋は、時計が速くて、結果的に好位にいた馬が1〜3着を占めました。そうした状況にあって、ユーキャンスマイルは後方からメンバー最速の上がりを駆使しての4着。勝ったアーモンドアイは別格としても、2着ダノンプレミアム、3着アエロリットとはクビ+クビ差の接戦でしたから、今回のメンバーなら勝ち負けを演じる力は十分にあるはずです。距離も、2000mより2400mのほうが合っているでしょうから、余計に希望が膨らみます。

 今年は外国馬がいない代わりに、乗り役のほうは非常に国際的で豪華です。しかしその分、大半の馬は乗り替わりとなります。その点、ユーキャンスマイルは、岩田康誠騎手とコンビを組み続けているのが強み。世界の名手たちの美技も楽しみですが、今回はユーキャンスマイルと岩田騎手の、熟練の信頼関係による飛躍を期待しています。

 やや頼りないとはいえ、ワグネリアンも2歳の時から気にかけてきた馬。この舞台での反撃には、期待せざるを得ません。今回は、主戦の福永祐一騎手が騎乗停止となったため、川田将雅騎手に乗り替わりとなりました。なかなかひと押しが利かない近況を考えると、このタイミングでの乗り替わりによって、新たな面を引き出すことができれば、復活への足掛かりになる可能性はあります。

 先週のGIマイルCSでも、福永騎手から池添謙一騎手に乗り替わったインディチャンプが優勝。今週も、同じように乗り替わりが刺激になれば、同厩舎、同オーナーの馬によるワンツーフィニッシュという快挙が見られるかもしれません。

 さて、昨年のジャパンCは、3歳牝馬のアーモンドアイが圧倒的な人気となり、2、3着に4歳牡馬のキセキとスワーヴリチャードが食い込むという結果になりましたが、今年のメンバーを見て、「逆の展開があるのではないか」と閃きました。

 つまり、3歳牝馬のカレンブーケドールが2、3着に食い込んで好配当を演出――そんなシーンがふいに頭に浮かんだんです。そこで、唯一の3歳馬で、唯一の牝馬であるカレンブーケドールを、今回の「ヒモ穴」に取り上げたいと思います。

 3歳牝馬がジャパンCを勝つとなると、それこそアーモンドアイやジェンティルドンナといった三冠牝馬クラスの能力が求められます。しかし、2、3着争いなら、カレンブーケドールの立ち回りのうまさがあれば、可能と見ています。

 この馬のいいところは、どのレースでも勝負になるポジションに、ぴったりと収まることができること。さらに、最後まで気持ちを切らさずに伸びてくる堅実さ。「レースがうまい」とは、まさにこういう馬のことを言うのでしょう。

 GIオークス(2着。5月19日/東京・芝2400m)では、早め先頭からあと一歩のところまで粘ったように、2400mという距離も、東京の長い直線も、まったく心配ありません。

 2走前のGIII紫苑S(3着。9月7日/中山・芝2000m)の時は叩き台仕様で、かなり仕上がりが悪かったという話を聞きました。しかし、おかげでGI秋華賞(2着。10月13日/京都・芝2000m)での伸びしろは大きく、今回はさらに上向いているように見えます。

 これまでのレースぶりや今回の出来を考えると、おそらく見せ場なく終わる、といったことはないと思います。直線のどこかで先頭に立って、追い込んでくる有力馬たちのひと押しが利かないような形になれば、オークス、秋華賞で果たせなかったGI制覇の可能性もゼロではないでしょう。

 同馬も、鞍上はずっと手綱を任されている津村明秀騎手。世界レベルの騎手に囲まれては、さすがに格や技術では見劣りするかもしれませんが、ユーキャンスマイルの岩田騎手同様、相棒を手の内に入れているという強みを存分に生かしてもらいたいと思っています。

あなたにおすすめ

ニュース設定